読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

貯め代は家計改善と老前整理のシンプルライフに挑戦しています

モノを大切にして使い続ける

【手持ちのスプリングコート】トランプ夫人にちょっと感謝

買わない生活をしている私は、手持ちの服を生かして毎日を楽しんでいます。 写真のブルーのスプリングコートを買ったのは3、4年ほど前の初夏。 お店で見かけたとき、裏地にとりはずしのできるライナーが付いているので、寒い日もあったかく過ごせるはずと、…

DIYでトタン屋根のペンキ塗り・住宅メンテナンス

家を建ててから25年目のわが家では、まめに屋根のペンキ塗りをしています。 屋根は無落雪という中央がV字になっている雪国仕様。 下から見上げると、フラットに見えます。 わが家は瓦ではなくトタン屋根でして、これは積雪の重さに耐えるためです。 屋根自…

【買わない生活】すでに4年目のリゾート着は今夏も活躍

夏服の準備をしています。 私が住んでいる地方はまだ朝夕は肌寒く、昼の気温は高い日で20度くらい。きょうは雨が降って17度までしか上がりませんでした。 さて、買わない生活をして丸1年が経ちます。 スキンケアはやめました。服はあるものを使い倒していま…

【買わない生活】貯め代のお出かけ着・しまむらコーデを使い倒す

服を1年ほど買っていないので、工夫して着ています。 身体的な特徴として私は背が低く、153センチしかありません。 しかもお腹まわりが気になる年代で、はっきりいうとビア樽体型(-_-;) なので、スレンダーな娘が「母さん、この服あげようか」と、自分で飽き…

片付かないのはやっぱりモノが多いからだった!義父の形見・お盆を断捨離

わが家の食器棚には開かずの扉があります。 30年間、めったに使われることのないお盆や菓子器を収納していました。 写真にアップしたのは7点の盆とけやきの器です。 お盆とは何? 20代の方にはなじみがないキッチン用品かもしれません。 お盆はお茶が入った…

嫁入り道具は現在でも使う言葉?新居の家具・家電の今どきの費用

嫁入り道具という言葉を聞かなくなって久しいです。 そもそも嫁入りというのは男尊女卑ではないか。 そういう議論はもちろんあります。 ジェンダー問題をいまは棚上げしますけれど、私が結婚した1987年当時は、新婦は嫁入り道具を準備して新居へ持って行くと…

外壁の修理・サイディング壁の塗り変えって必要?

頭の痛い問題が発生しました。 築25年のわが家の外壁が傷んでいたのです。 全体が白いサイディング壁。玄関の飾り屋根と接する壁が一部、ふくらんでいることを見つけました。 新築から11年を経過した2003年に塗装工事を行ったのですが、月日が経つのは早く、…

革バッグに愛!!ゆるりまい『わたしのウチには~。3』革製品のお手入れ方法

ゆるりまい著「わたしのウチには、なんにもない。」はモノとの上手なつきあい方を描いたヒットシリーズです。 コミック形式で面白く読めて、しみじみと深い。 「いつか、トランクケースひとつで暮らしたい!」とサブタイトルがついた『わたしのウチには、な…

スウェーデンの鉄製フライパン・シェップスフルトで節約料理!

家を新築した弟にお祝いを贈ったら、カタログギフトが返礼品として届きました。いろいろなページを見比べ、決めたのがスウェーデンの鋳物フライパン。 SKEPPSHULT・シェップスフルトは鋳物の調理器具で有名。1906年に創業し、すべての製品を風力発電を利用し…

買わない生活・化粧品0円・服も0円の半年でした

私が暮らす町では3月でもけっこう雪が積もっています。 画像の木々は桜。例年、4月中旬になると、つぼみが薄紅色にふくらみます。 さて、雪と寒さの期間が長い当地ですが、この冬は保湿クリームやパックや乳液を一切、買いませんでした。肌断食を2016年6月…

【家電の買い替え】テレビの寿命の短さにびっくり!

わが家のテレビに縦筋が入るようになりました。 液晶型42インチは夫が選んだお気入り。北京オリンピックが終わってから購入したのです。 2008年に開催された北京オリンピックの後なので、2009年の初め頃だったと記憶しています。 10年もしないうちに故障かよ…

ダイニングテーブルの上を片付ける・モノが集まる場所

わが家のダイニングテーブルは、大工さんの作り付けです。家を建てたとき、長さ2メートル60センチ、幅80センチ、高さ75センチのテーブルを作ってくれました。大のオトナが寝てもまだ余裕があるほど広い。 テーブルの下は収納スペースとなっていて、食器や「…

カタログギフトで得する商品の選び方ってあるの?

冠婚葬祭などでお返しにもらうことがあるカタログギフト。私も昨年末に贈った弟の新宅祝いのお返しがそうでした。 ページをめくると商品がたくさんありすぎて、目移りしてしまいます。欲しい商品の目星として、パンを焼くためのオーブントースターが15年も…

冬物コートは長く愛用したほうが環境にもやさしい。その手入れ法

大寒は過ぎても、寒さはまだまだ続きます。私が住んでいるのは日本海側なので、冬がとても長い。初雪が11月、根雪になるのは12月初めでそれからは降ったり止んだり。気温は昼でも氷点下となるのがざらですから、3月半ばまで雪と氷に閉じ込められた生活といっ…

【セリアの百均】ほうきが活躍

お掃除ロボットが話題ですが、貯め代はほうきを使っています。伝統工芸の職人が作った高級品に憧れるものの、百均で買ったのが3本。 セリアで見つけ、生産国はベトナムなどです。初めは一番小さいのを買いました。棚のそうじにいいかなと思って。そうしたら…

私のコレクションは……日本伝統のアレ!

モノを集めたくなる理由 親の家の片づけが社会現象になっています。遺品がありすぎて、処分するのに数十万円がかかるのは、もはや珍しい話でありません。 豪邸のたくさんの部屋、そのどこもかしこもモノで埋まっている。 手を通さず仕舞い込まれたまま、ある…