読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

貯め代は家計改善と老前整理のシンプルライフに挑戦しています

買わない生活・化粧品0円・服も0円の半年でした

私が暮らす町では3月でもけっこう雪が積もっています。 画像の木々は桜。例年、4月中旬になると、つぼみが薄紅色にふくらみます。 さて、雪と寒さの期間が長い当地ですが、この冬は保湿クリームやパックや乳液を一切、買いませんでした。肌断食を2016年6月…

政策金融公庫【国の教育ローン】奨学金と併用できる

進学や入学で2月から4月はお金の出入りがはげしい時期です。 ふたりの子どもがいるわが家では、赤ちゃんのときから郵便局の学資保険に入っていました。1988年と1991年に加入し、当時は利率がよかったため、ひとりにつき月々7400円で高校入学時に20万円、18歳…

大学入学・4月までにかかったお金

受験の季節です。 私の下の子は現在25歳、大学へ進学したのは2010年でした。家計が苦しいので、受験は国立大学の一本だけ。 なのに共通テストがあまり良くなかったため、本人はもちろん親も落胆モードでした。 しかし、高校の担任が励ましてくれたのです。 …

国保がまたも値上がり・自営業やフリーランスには痛い!

国民健康保険は自営業者や農家、そしてフリーターや無職の方々が加入する日本の社会保障制度のひとつです。 私が住んでいる県では25市町村が保険料の納付額が増える見込みだと発表されました。ひとり平均約14万円になる見込みですから、夫婦二人で28万円ほど…

【老後親子破産】困ったときは世帯分離を考えよう

このところ老後破産や高齢者の貧困という言葉をよく聞くようになりました。 高額な年金を受給できるのは高級官僚や議員などの政治家、教職員・公務員など限られています。中小企業はまだしも生活できるくらいの年金がありますが、非正規、自営業者はごくわず…

webライターを3ヵ月やって良かったこと・ショックだったこと

私は少しだけクラウドワークスやランサーズに登録して、ライティングの仕事をしたことがあります。 地元紙やタウン誌に書いた経験があるものの、WEBは初めて。仕事をしたい人と発注するクライアントをマッチングする会社に登録するところから始めました。ID…

家事力を磨けば磨くほど稼げる時代に

「働く女性を後押し・外国人の家政婦を解禁へ」 地元紙の見出しに目が吸い寄せられ、記事を読みました。家事代行業のスタッフに外国人を雇用することを国がすすめるという内容です。そうすれば、女性がもっと社会で働くことができる。所得が増えて、リッチに…

【節約】年金の受給開始が70歳になる!?生き切るために今からできること

いまさらですが、年金制度を支える若い世代が減っています。アップした図は国立社会保障・人口問題研究所のグラフ。2020年にはこうなっているだろうという推計の分布図です。 出生数を高く見積もっても男女で100万人足らずで、最も確率が高いであろう出生中…

主婦(主夫)休みの日・家事の時給は?

午後の情報番組『ミヤネ屋』を見て、1月25日は主婦(主夫)休みの日と知りました。番組ではドラマ「逃げ恥」で話題になった主婦業の時給や月給にも言及。 もしも、主婦が夫から月給をもらえるとしたら、うれしい! 私は家事のほか夫の自営業のパートナーとし…