貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

情報

墓の後継者がいないのは大問題!終活カウンセラーの講演

終活についてご存知ですか。 エンディングノートに書き出すのもいいのですが、そうでなくてもたまにはちょっと考えてみたい。 最期の時間を誰と過ごしたいか。誰に看取られたいか。 あるいは延命治療のこと、葬儀やお墓のことも。 気づきを与えてくれる終活…

いまどき冠婚葬祭、お付き合いの範囲と祝儀や香典

私が結婚した30年前とは違ってこの頃は結納を交わしたり、仲人を立てたりすることが少ないようです。 カジュアルなレストラン・ウェディングの場合は、ご祝儀をいくら包むものなのでしょう? また、親戚が多いと冠婚葬祭のお付き合いもたいへん。身内だけの…

年金をもらいながらちょこっと稼ぐコツ!シニアも働くのが当たり前に

若いときは自分が老いるなんて、考えもしませんでした。 しかし、年月の流れは容赦がありません。将来、年金だけで暮らせそうにないと暗い気持ちになるのは、私だけではないでしょう。 『65歳で月収4万円。年金をもらいながらちょこっと稼ぐコツ』は生活研究…

『夫に死んでほしい妻たち』仕事と家事や育児で追い詰められる妻

『夫に死んでほしい妻たち』はルポ作家小林美希さんの本です。働いていても育児や家事の負担が大きい女性は、疲れ切り、気が利かない夫と口をきく気力も失せる。離婚より死別を願う妻たちの本音が描かれた1冊。

ラスベガス乱射事件に思う、ギャンブル狂の卑劣な身勝手さと日本の特定複合観光施設

日本時間の2017年10月2日の夜、ラスベガスで乱射事件があり、死者が59人、負傷者500人以上という大参事となりました。 犯人のSTERHEN PADODOCK(スチーブン パドック)64歳はコンサート会場に向けて有名ホテル『マンダレイ・ベイ』の32階スィートルームか…

医療保険をやめたら入院費に困る?!『一生安心』に惑わされずに準備したいこと

生命保険は安心料だと、よく言われます。 私の夫は、35年以上にもわたり定期付き終身保険を掛けてきました。子どもが小さかったときは死亡時に3000万円も下りる定期部分を付けたこともあります。 けれど、子どもが就職した時点ではずし、現在は終身保険と医…

モンスタークレーマーへの対処法は一般にも役に立つ!謝り方のポイント

『そこまでするか!モンスタークレーマー』という本を一気に読みました。苦情・クレーム対応アドバイザーの関根眞一さんが著者。 「すごいモンスター続々、現代クレーマー事情」という帯が本にあるのですが、あ然とする内容です。 デパートや飲食店のお客さ…

自分の価値を見い出すヒント『マーケット感覚を身につけよう』ちきりん著

価値がわからなければ、足下に金塊が落ちていても石ころと同じこと。 ちきりんさんの本『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』は、そのような書き出しで始まります。 自分にスキルや能力があったとしてもマー…

【代理婚活】焦る老親、このまま独身で構わないという子ども

婚活に関する記事が、私の購読する地方紙に連載されています。親が子どもの代わりにする代理婚活についての記事でした。 生涯にわたり未婚の人が増加中のため、自治体で婚活に乗り出すところもあります。 結婚するしないは本人の自由なのですが、親と子ども…

Jアラートで目覚めた朝、避難ってどこへ!北のミサイル発射で各国が困惑

8月29日の朝6時少し前、窓の外からJアラート が聞えました。けたたましい感じではなく、遠くから静かに耳に届いたのです。 テレビをつけると、各局が情報を流して、北朝鮮がミサイルを発射したことを報じて、さらに「地下に避難して行政の指示を待ってくださ…

骨格スタイル別に着こなし術が載っている『賢いクローゼット』本を紹介

骨格スタイル分析をご存知ですか? 鈴木尚子さんが書いた本『賢いクローゼット』宝島社刊には、話題の骨格スタイル分析について載っていました。 この本は、似合う服をどう選んだらよいか、服の収納、そして年代の変化によってかつては自分らしいとお気に入…

子どもの結婚相手が気に入らない!結婚式の出席を拒むと親子関係はなかなか修復できない

子どもの人生は子どものもの、たとえ親であってもあまり干渉をすべきではない。そう解かっていても、結婚となれば本人同士はもちろん、両家が姻戚関係になるわけですし、無関心でいられません。 子どもの結婚に大反対して、ついに式を欠席した親御さんが実際…

転職の達人!『自分に適した仕事がないと思ったら読む本』福澤徹三著

4月に入社したけれど、もう会社に行きたくない。 そんな方もいるでしょう。 10年前はひどい就職難でしたが、今年は空前の売り手市場。就職率も高いことが予想されます。 さて、作家の福澤徹三さんが書いた『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼ…

【買わない生活習慣】消費者の心と行動が研究されていることを知る

手軽に買える100均に、たまに行くことがあります。 ダイソーもセリアも商品開発がすごい。 「わあ、便利そう」「デザインがステキ」と、ついつい何個も買って、私はこの3日間で800円+税のお金を使いました。 「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、1…

グーグルアドセンス初収益まで1年3ヵ月かかった話

私が初めてブログを立ち上げたのは2015年5月。 それまで自分がネットで発信できるとは考えていませんでした。ITのことを何も知らないからです。 きっかけは10歳年下のキレイな女性起業家との出会い。 そのとき言われたのは、ネット関連事業で起業するので、…

【100均】ダイソー社長がテレビで語ったことは?がっちりマンデー

写真は2016年にマレーシア・クアラルンプールのDAISO・JAPANのレジ前で撮った1枚です。 DAISOはマレーシアでも人気で、混みあっていました。こちらの店舗はツインタワーの伊勢丹の中にあります。クアラルンプールには伊勢丹やセブン-イレブンなど日系企業が…

【地方の現実】廃墟が野ざらしに・自分が亡くなったら家をどうする?

里山を散策していると、だれも住んでいない建物を見かけることが多くなりました。江戸時代よりも前から人が住んで、地域独特の獅子舞や祭りがあったのに、次世代に継承もままならず、その文化も消え去ろうとしています。 本当に村には年寄りしかいません。た…

アマゾンに注文した『高森コーキ 尿石を溶かす』24時間でとどきました

すごいなあ、アマゾンは。 きのう5月18日の昼前、アマゾンから「高森コーキ 尿石溶かす」を注文したら、24時間後の19日に届きました。 東北の片田舎へも迅速に届けてくれて、あ然とするくらいの早業です。 ヤマト運輸さんが配達してくれました。 昨今、「忙…

『貧乏は完治する病気』お金とは何か?天野雅博氏が書いた本

貧乏は完治する病気! 図書館で家計に関する本をさがしていたとき、タイトルに惹かれて、思わず手に取りました。 貧乏は病気かあ……と、その発想に驚きつつ黒い表紙になにか危険な香りが漂う本です。 『貧乏は完治する病気・金持ちになるための劇的な思考法』…

嫁入り道具は現在でも使う言葉?新居の家具・家電の今どきの費用

嫁入り道具という言葉を聞かなくなって久しいです。 そもそも嫁入りというのは男尊女卑ではないか。 そういう議論はもちろんあります。 ジェンダー問題をいまは棚上げしますけれど、私が結婚した1987年当時は、新婦は嫁入り道具を準備して新居へ持って行くと…

【半島情勢・高まる緊迫】国民保護サイレンのJアラートが鳴ったら

シンプルライフを目ざして日々の節約に励む当ブログですが、それも平和な日常があればこそ。 4月15日、テレビやネットのニュースで北朝鮮の軍事パレードの様子が映し出されました。 軍服を着た高官がアメリカを非難し、荒々しい演説を声高にするので心配が募…

生活費が安いと評判のマレーシア・私が見た【移住のメリットとリスク】

皇太子殿下がマレーシア・クアラルンプールを訪問されています。 外交関係樹立60周年を迎えての公式訪問。 国王ムハンマド5世が主催される晩さん会が16日の予定です。 親日的なマレーシアへ私は一度、出かけたことがあります。 2016年8月、クアラルンプール…

【タイニーハウス】米で注目の超コンパクトな家・モノは最小限

今さらですが最近、タイニーハウスのことを知りました。 アメリカで注目されている狭くて小さな家をタイニーハウスと言いますね。 床面積が10~40平方メートルですから、3坪~13坪ほどでしょうか。 私の子どもが東京都内で借りている部屋はワンルームでキッ…

青木雄二の「ゼニ儲け」全部教えよう・断捨離しなかった本

本を整理していたら、「青木雄二の『ゼニ儲け』全部教えよう」が出てきました。著者の青木氏は露骨なお金の裏話を漫画にしてヒット作をとばして、肺ガンのため58歳で2003年に亡くなった漫画家であり作家。 2015年にも仲居正弘さん主演で「新ナニワ金融道」が…

自分の銀行口座に覚えのない大金!使ったらどうなる?

もし、銀行のATMで残高を確かめて、覚えもないのにお金がぐんと殖えていたら、どうしますか? 「田舎の母さんが送金してくれたのかも、ラッキー」 私なら都合よく考えて、るんるん気分でスーパーへ行き、すき焼き用の牛肉やお寿司を買ってしまいそうです。 …

オーナーに聞いたアパート経営のリスク・入居者の遺品整理

アパートや一軒家を貸すオーナーはお金持ちのイメージを、私は持っています。 自宅のほかに不動産を持って、そこから家賃収入を上げているのですから、左うちわで悠々自適でしょう、と。 少しでも安い食材をさがしたあげく、里山へフキノトウなど山菜を摘み…

一流の睡眠で仕事『やる気』をアップ@健康カプセル・ゲンキの時間

あなたは毎晩寝つきがよくて、ぐっすり眠れていますか。 質の良い睡眠を取れないと、歯周病や脳疾患、花粉症になりやすく、仕事への意欲や能率も下がりがちに。 さらに睡眠不足は食欲が増すホルモンが出やすくなるため太りやすくなる! 3月26日に放送された…

【節約する人に貧しい人はいない。】ネットニュース編集者・中川淳一郎氏が真っ当に語る

「節約せずに誰も金持ちになれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。」 サミュエル・ジェンソンの言葉だそうです。 中川淳一郎さんが幻冬舎から2016年に出版した「節約する人に貧しい人はいない。」 そのタイトルに惹かれて図書館から借りてきました…

『さよなら、お母さん・墓守娘が決断するとき』グサッと胸に刺さる本

私って、もしかしたら毒親?! そんな怖れを抱きつつページを開いた本です。 『さよなら、お母さん 墓守娘が決断するとき』 信田さよこ著 春秋社(1700円+税) 母と娘の深い溝を赤裸々に描いた一冊です。 なぜ、こんなにも母という存在は押し付けがましくて、…

【こども園・認可取り消し】保育所は働く母親の希望の星

保育所のニュースがワイドショーをにぎわせています。渦中にあるのは、兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」 子どもに食べさせる昼食の量がものすごく少ない・おやつがかっぱえびせん5本だったこともある・暖房をけちっていたため、寒い部…