読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

貯め代は家計改善と老前整理のシンプルライフに挑戦しています

【セリアの百均】ほうきが活躍

f:id:tameyo:20170120153239j:plain

掃除ロボットが話題ですが、貯め代はほうきを使っています。伝統工芸の職人が作った高級品に憧れるものの、百均で買ったのが3本。

セリアで見つけ、生産国はベトナムなどです。初めは一番小さいのを買いました。棚のそうじにいいかなと思って。そうしたら意外に使い心地がよくて、中も大もそろえることに。

スポンサーリンク

 

 

 

ほうきは手軽だ!

フローリングの掃除におススメです! 家にはちり取りがないので、集めたゴミをガムテープで引っ付けて捨てていました。ガムテープはわが家のそうじアイテムのひとつです。

 

このごろ感じるのはわざわざ掃除機を取りだすより、ほうきの方が手軽でおもしろい。掃除機って重いし、コードを引っ張ってコンセントに差し、使用した後も後片付けがあって、面倒くさくありませんか?

その点、ほうきはさっと掃除にとりかかれますし、ほかにも良い面が。

  1. 音が静か。
  2. 掃除機のように排気がないので、空気がきれい。
  3. 狭いすきまも掃除できる
  4. 電気代がゼロ
  5. 軽い運動になって、主婦の気分転換になる
  6. 収納場所を取らない

スポンサーリンク

 

百均ほうきの欠点

そんなセリアのほうきですが、欠点があるのです。それはやはり百均だからでしょうか。ほうき草が抜けてくる。締めが甘いんですね。たぶんそれが職人の技の見せどころに違いありません。

 

f:id:tameyo:20170120154713j:plain

それで修理をしてみました。編み物用の綿の糸で縛ったのです。 一番抜けやすかったのは中サイズだったので、直したのはそれだけです。

 

楽天をみると、日本の技術者がつくったほうきは7500円くらいから。一生ものだそうです。そしてフローリングには、棕櫚(しゅろ)のほうきが最適で、床に艶がでて、ワックスがけが不要になるとか。

 

まあ、余裕ができたらお高いほうきを準備するとして、わが家の場合はしばらくセリア百均ので充分。大サイズの材質は竹、芒草、藤とあり、すすきが使われているですね! 意外とじゅうたんのゴミも取れるという優れものです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

まとめ

レトロなほうきだけれど、軽くて使いやすい。これで空も飛べたら言うことなし!

スポンサーリンク