読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

貯め代は家計改善と老前整理のシンプルライフに挑戦しています

【ギガらくwi-fi】解約金をとり戻すには?

身近なトラブル

f:id:tameyo:20170128200532j:plain

以前にギガらくwi-fiについてしつこい勧誘の電話に根負けし、契約をした体験を書きました。

ギガらくwi-fiは電波を50台までのPCやスマホタブレット端末に飛ばせるのでクリニック、病院や大手美容サロン、オフィスなどに設置すると便利なようです。

ですが、零細な個人の店だとその経費が重荷になりがちに。

利用料のほか24時間出張修理オプションや50GBのproプランにも知らないうちに加入となっていて、電話料金が高くなるのです。

拙ブログ読んで下さった方からコメントを頂きました。

「私の母親がまったく同じ状況で10万円以上の解約金を請求されています。Wi-Fiという言葉の意味も理解していない、来客などない商売をしている自営業の母に詐欺のような手口で契約させて、本当に悪質だと思います。どのように対応されているのか教えていただきたいです。」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

過去記事は下記です。

 

tameyo.hatenablog.com

解約はお試し期間の3ヵ月が過ぎてから

わが家が契約したのはギガらくwi-fiのベーシックプランでした。代理店の勧誘電話では、「とにかく3ヵ月使って要らなかったら解約できます。損はありません。お金を戻しますから」ということでした。

返金されるためには条件をクリアしなければなりません。そのひとつが解約できるのが、お試し期間の3ヵ月が過ぎた4ヵ月目の30日間ということ。

その月日を待ってNTTに解約の意志を伝えると「2年間の契約のため68,000円の解約料ですが、それでも解約しますか?」と言われて、事の重大さに気づきます。

68,000円は零細な自営業者には少なくない金額。

ガーン! と心臓がちぢむ思いがしました。

 

スポンサーリンク

 

NTTの利用料金内訳をファックス送信する

返金してもらうには、NTTの利用料金内訳を紙に印刷してファックス送信する必要があります。わが家のケースだと、2016年11月(利用期間は10月分)12月分(同11月分、2017年1月分(同12月分)が必要。

解約金が引き落とされたのは2017年2月28日でした。

平成29年1月分の利用料は以下です。

ギガらくwi-fi利用料 

ベーシック:2498円 税区分:合算

ギガらくwi-fi解約金  

68,540円 税区分:個別

ITサポート&利用料 

645円 税区分:合算

24時間出張修理オプション利用料 

1,935円税区分:合算

フレッツ・あずけ~る利用料 

2400円税区分:合算

ひかり電話 72円

ユニバーサルサービス

消費税   6,159円

合計 83,152円

実際にはこのほかに携帯電話やスマホ代もプラスされて、10万円近くが引き落とされました。

戻ってきた金額

2017年2月28日に代理店から62,580円が振り込まれています。それまでに合計で33,140円も振りこまれました。合計で95,720円。

ほぼ返ってきたので、ほっとしました、消費税分は返ってきていないようですが、もうこれ以上は交渉したくありません。

やれやれです。この半年ほど、不安でしたから。

コメントを下さった方は、お母様が契約者で解約金の請求が10万円以上とのことですから5年契約なのでしょうか。

金額が大きいと、精神的にもたいへんです。

どうぞお母様をサポートなさってください。

詳細なメモと電話の音声を録音することをおススメ

ギガらくwi-fiの解約料についてはまだ声を上げる人が少ないので、表面には出てきていません。でも、60代や70代にも電話攻勢をかけているので、いずれ問題になると感じています。

私は解約とそれに伴う手続きをしてなんとかお金をとり戻すことができました。

注意点として、解約から引き落としまで2カ月間くらいのタイムラグがあります。

忙しい日常を送るうちに忘れてしまうことがあるので、いつ、どんなやりとりを代理店の誰としたかをメモに残したほうがいいです。

それと、電話のやり取りは録音することをおススメ。

「お金を振り込みますよ」と相手が言ったときは、すかさず何月何日までに返金されるか、そこを確認しましょう。

まとめ

ギガらくwi-fiの解約とそれにかかった費用をとり戻すにはわずらわしい手続きと根気が必要です。今回、自分で引っ掛かってみて、改めてNTTの2年契約とか5年契約とかの縛りは、利用者のためにはならないことだと思いました。

企業はそれを楯にして高額なお金を口座から引き落とすことができます。情報弱者をカモにしている、それはすなわち中高年と高齢者が狙われていることではないでしょうか。

「無料です」「お得です」「損をしません」の謳い文句には注意が必要。お得なことはありません。代わりに時間を搾取され、精神的な苦痛を与えられます。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

スポンサーリンク