貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

貯め代は家計改善と老前整理のシンプルライフに挑戦しています

【閲覧注意】高森コーキのトイレ洗浄剤を使用してみた・ビフォーアフター!

トイレそうじを頑張っている貯め代です。

それにはワケがあります。

私には年頃の娘がふたりいるので近い将来、彼を家に連れてくるかもしれません。住んでいるのは、雪国。

連れてくれば日帰りという訳にはいかず、近くに東横インやルートインもあるけれど、家に泊まる可能性がなきにしもあらず。

そんなとき、トイレが尿石がこびりついていたら……。

娘の彼氏が「ゲッ」と、恋が醒めたら私はどう責任を取ったらいいの?!

そんな想像をして、ひとり焦って便器と格闘。

リフォーム費用がないため、まずは掃除を!

 

スポンサーリンク

 

 

いよいよ高森コーキ・トイレ洗浄剤の出番

 

tameyo.hatenablog.com

洋式便器の トイレ掃除にはまず水を抜くことが必要です。

 

tameyo.hatenablog.com

水抜きには、 洗濯用の粉せっけんについている計量スプーンが便利。

今回は最後の一滴まで水を抜くことため、雑巾でおしまいに吸わせました。

要らない布があると、使い捨てることができて便利。

水を抜いた後、全部を投入。

 

「トイレの悪臭の元・ぷくぷくメガパワー・尿石を落とす」

有機成分でやさしく、刺激臭もない、浄化槽や配管にも安心無害と書いてある商品は、そんなに安くはありません。

 

一回分・1リットルで1963円。

2000円以上を買わないと、送料350円がかかるというので、1枚目の写真の「トイレ黄ばみスッキリ棒」も買いました。

ちょっと高かったけれど、仕方がない。

家を建てて25年、積もりに積もった汚れはガンコなので。

なお、「高森コーキ、トイレ洗浄剤」は陶器のトイレ専用です。樹脂製のトイレ便器には使用できません。

そして、絶対に混ぜないで下さい。

成分はメタンスルホル酸・スルフォミン酸、水、添加物

思ったより刺激臭は少ない

 マスクをして洗浄剤を入れたせいか、そんなに刺激臭は感じません。

そのまま5~6時間、放置します。

だんだん泡立ち、汚れが溶けていく感じ。

口コミを見ると、ガンコな汚れのときはこすったほうがいいとあったので、ゴム手袋をつけて、ごしごし。

前にサンポールを使用したときは、ほとんど落ちなかったのですが、高森コーキのトイレ洗浄剤は便器がつるつるになるのを感じました。

落ちました♪しつこいトイレの汚れがばっちり

6時間半後に流すと、25年間の汚れが落ちていました。

すごい。

反省点は、ブラシが届かない部分の汚れが落ちていなかったこと。

もう1回やるといいかもしれません。

私が、尿石を落とすトイレ洗浄剤のことを知ったのは、遺品整理を主な業務にしている会社のブログ。

孤立死をする方のほとんどは、部屋もたいへんに散らかり、ゴミ屋敷状態。そういう方に部屋を貸していた大家は、まずは身内に連絡をして部屋の原状回復をしなければならないことを話す。

ところが息子や娘がいても、とっくに縁を切ったからと、応じないこともあるそうです。そんなスタッフブログをたまにのぞいているのですが、ある日トイレの尿石がひどいときは専用の洗浄液があり、汚れが落ちると書いていたのです。

商品名まではありませんでしたが、検索をして「高森コーキ」のトイレ洗浄剤が効きそうと考え、注文。

スポンサーリンク

 

 

ビフォーアフターは?

かなりヤバい。

閲覧注意のトイレ画像です。

こすってもこすっても落ちなかった尿石の写真。

 

すみません、こんなのをお見せして。

反省しています。

でも、6時間半後にキレイになりました。

アフター♪

すっきりしました。

長年の懸念が解消されて。

汚れが落ちて考えたこと

尿石とは字の通り石。なので簡単に落ちません。

専用の洗浄剤を使い落としてみて、家中の配管もかなり錆びついているのだろうと感じました。

家を建てて25年目。

私と夫には、もう家を建て替える元気はありません。

家とともに私たちも年を取った。もしかしたら私たちの血管も錆びついているかもしれない。

トイレ洗浄剤のように、血管の詰まりも解消することができたら。

ふと、そんな思いがしましたね。

まとめ

最後までお読み下さり、ありがとうございます。おかげさまでスッキリ。

尿石がつくと厄介ですから、トイレ掃除はこまめにしたほうが良いです。

でも、尿石がついたとしても、専用の洗浄剤で落とすことができます。

あきらめないで正解でした。

これで、娘たちが恋人を連れてきても大丈夫。あとは、彼女たちに彼氏ができる日を待つとしましょう。 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク