貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【父の日ギフト】ささやかでもうれしい♪親子バトルも思い出に

娘から届いた父の日のプレゼントには、感謝状が付いていました。

「おとうさん、いつもありがとう。感謝の気持ちを込めてありがとうを贈ります」

気が利きますね~、ギフトメーカーさんは!

母の日にくらべると贈る人は少ないそうですが、イベント商戦のひとつ。

それにしても、子育ての期間はどたばたし、泣き笑いの年月でした。巣立ってしまうとあっという間であることに気づかされます。

さて、日本のお父さんは家庭のなかで存在の薄さが取りざたされます。そうすると母子の密着度が濃くなりがちに。

きょうは父の日に届いた商品とともに、貯め代家の父と娘のバトルをふり返ります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

存在感がありすぎて煙たがれる

仕事と子育ての両立

わが家は自営業で店舗併用住宅のため、娘たちは親の働く姿を見て成長しました。店の片隅に赤ちゃんを置くスペースを作り、仕事をした時期もあります。

夫は子煩悩でしたよ。生後まもない赤ちゃんの手足の爪を切ってあげるのはたいへん。小さな桜貝のような爪で、うっかりすると指を傷つけてしまいそうになる。

そんな赤ちゃんの爪切りは夫の役目。

ベビー用のはさみで器用に切ってくれました。

手先が器用で、がさつな私よりはずっとまめ。

当時は仕事が忙しく生後10か月から近所の保育園に通わせましたが、夫婦で力を合わせて育児をしました。上の子がとくに保育園から風邪をもらってきては40℃の高熱となりやすく、徹夜で看病したことは数知れません。

そうしているうちに下の子も生まれて、てんやわんやの日々となりました。

高学年になると父親をうざく感じるように

幼かったころは「父さん、大好き」と抱っこされたものですが、小学校の4年生から5年生になると、だんだんそばに寄らなくなりました。

娘が、夫の体臭に敏感になって「臭い」と言い出すのはこの頃だったでしょう。

私は夫の匂いが好きなので、少しも気になりませんが。

いや、毎日お風呂に入っているから、そもそも匂わない。

もしかして存在がうざい?!

思春期の子どもの扱いはなかなかに難しいものがあります。

夫は家で仕事をし、仕事が終わるとダイニングで晩酌をします。そして、リビングソファで寝るまでくつろぐ。

家族で一緒にテレビを見て過ごしていたのが、子ども達は父親が住居スペースに来ると、さっと2階の子ども部屋へこもるように。

そんなときに大事件が!

 

スポンサーリンク

 

 

娘の携帯を折る

中学生になって娘は携帯電話を持つようになりました。あるとき、部活動と勉強の疲れで、リビングで寝込んだ娘。

彼女は寝起きが悪くて、むりやり起こされると不機嫌。

「ふとんでちゃんと寝たほうがいいよ」

「うん、わかった……」

そう言いながら爆睡するのが、半ば習慣のようになっていました。

そんなときです。

「なんど言ったらわかるんだ!風邪を引くだろう」と、夫が大きな声をだしたのです。そうしたら娘は娘で「解かってるって言ってるでしょ!もう、うるさい!!」

反抗的な態度で……。

その次の瞬間、夫が怒ってしまって携帯電話を折ったんです~。

バキッ!

あ然としましたよ、全く。

夫は娘に手を挙げるかわりに、携帯に怒りをぶつけたのです。

結局、買い替えて35,000円も払って大損害。

父の日ギフトはおつまみセット

自宅に届いた父の日ギフト、箱の中身はおつまみセット。

思春期を過ぎて、大学生になるころには父親思いの娘に変化しました。

親子バトルも思い出のひとつです。

お礼の電話をすると元気そうでした。それに、娘の会社は業績が右肩上がりで、ボーナスが基本給の2ヵ月分くらいは出るみたい。

 

 

tameyo.hatenablog.com

 奨学金の返済がある娘なので、ムダ遣いしないようにしてほしいのですが、まあ本人に任せるしかありません。

ふだんは残業もあるし、なにかと気を遣うようなので。

まとめ

6月18日は父の日です。

いろんな父と子のドラマがありますね~。

私は実父と仲たがいして心のしこりになっています。そんななか、娘からささやかでもプレゼントが贈られて、うれしかった梅雨の晴れ間。 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク