貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【リビング公開】平穏な毎日に感謝し、カーペットを自宅で洗う

わが家のリビングはフローリングなので、秋~春までカーペットを敷いています。

5年以上も使用しているため、少しへたってきました。

「この秋に新しいカーペットを買おうか」と、夫に言うと、「なんで?まだ使えるんじゃない?」という返事。

ホームセンターで買ったアクリル素材のカーペットなので、年に1回は私が風呂場で踏み洗いしてきました。

そうね、まだ擦り切れていないし、よし今年も洗おう、健康なうちに!

カーペットを引きはがし、風呂場へ。

きょうは自宅で洗うときのちょっとしたコツを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カーペットを自宅で洗うには?

お風呂の残り湯が入った浴槽に、洗濯洗剤をやや少なめに投入。そこへカーペットを浸します。

洗剤を多くすると、ゆすぎに手間取ります。泡が消えなくて、時間と水がたくさん要るのですよ。

はい、ちょっとしたコツは、洗剤を少なめにすること!

10分ほど浸してから、踏み洗い。そして、浴槽の残り湯を捨てて、さらにシャワーで踏みながらゆすぎます。

これでクリーニング代が浮きます。

ただし、ペルシャ絨毯やトルコ・中国の緞通など高価なものは専門店へ任せてください。

シルクやウール素材は、自宅洗いできません。

ホームセンターで買った1万円以下のアクリルやポリエステル素材なら、自分で洗っても大丈夫でしょう。(自己責任でお願いします)

フローリングの状態は?

カーペットをはずして、フローリングを固くしぼった雑巾でふきました。

築25年目です。

リフォームやリノベーションを考えたい時期ですが、予算がないため断捨離と掃除をして住みやすくしています。

ま、半年間はカーペットを敷いているので、リビングの床はそれほど傷んでいないみたい。

フローリングは水分に弱いため、こぼしたら必ずすぐふきとったほうが良いです。キッチンの床は、ぼろぼろで反省(-_-;)

ホームセンターでも床材がいろいろあるので今度、見てみようと思います。

カーペットを洗濯機で脱水

うちは全自動洗濯機6キロなので、そんなに大きくありません。

浴槽のふちにカーペットを置いて少し水を切ってから、洗濯機で脱水しました。

なんとか入れることができ、6分の脱水完了。

ベランダの物干しに掛けました。

お天気がよいので、夕方には乾くでしょう。

断捨離やそうじは健康だからできること

私は70歳までは元気で過ごせるだろうと、漫然と思いながら生きてきました。でも、案外そうではなくて、ある日とつぜんアクシデントが起きるかもしれない。

小林麻央さんの訃報にそう考えています。

管理が行き届かなくて子ども部屋のクローゼットに放り込んだままの衣類や寝具、そして民具資料や本……。

 

tameyo.hatenablog.com

 大掃除したのですが、まだけっこうモノはあります。

私はお金が貯まらないと嘆きつつ、百均が大好きで、バーゲンで安物を買うことも趣味でした。

それって、お金だけでなく人生の浪費に違いありません。

スポンサーリンク

 

 

もしもに備えて身辺整理

 

前に郊外を歩いていたら、何軒もの空き家を目にしました。

私が住む地域は比較的、JRの駅に近く便利も良いため、土地を売ろうとすれば売れるのではないかと感じています。

それにしても家を建てた25年前、まさか日本の人口が急激に減って空き家が増えるなんて、想像できませんでした。

うちの界隈の土地単価は買ったときよりも、3割は値下がりしています。今後も下がるかもしれません(涙)

さて、もしものとき、どうすればよいのか?

  1. 私が倒れたとき
  2. 夫が倒れたとき
  3. 夫婦ともに事故や地震など災害に遭ったとき

不吉なことは考えないようにと目をそらしてきました。

 でも、故郷を離れて久しい子どもたちに、両親ともに事故に遭ったときのために、印鑑や保険会社の書類を伝えておかなければ。

「もしも」が起きなければ、それで良し。

夫婦ともに50代にさしかかった今、万が一のことを考えて対策を講じたほうが安心なのではないか。

当たり前のように過ごしている毎日に感謝して、きょうはそんなことを思いながらカーペットを踏み洗いしました。

まとめ

 

tameyo.hatenablog.com

 今年はタイヤ購入のほか車検もあり、車関連の費用がかかるためカーペットを買わないことにしました。それで自宅で洗ったのです。

コツは洗剤を少なめにすること。

水洗いですっきりさせ、秋にまたリビングに敷きたいと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク