貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【家計簿公開】自営業の夫婦ふたり暮らし・ダメダメ家計を脱して黒字にするには?

6月の家計簿を集計しました。

自営業のため月々の収入にばらつきがあります。そして住宅ローンがまだ残っているため支出が大きいのですが、教育費は子ども達が社会人となったので掛かりません。

たいした資産のないわが家にとって、子ども達が自活できている。

そのことが何よりの財産かも。

きょうは住宅ローンの支払い額が家計を圧迫している方に向けて、わが家の例を元に、節約のしどころについて紹介。参考にしていただけたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

家計の収入と支出

まずは、貯め代家のケース。

収入は今月38万円、ボーナスは一切なし。

収入をならして手取り年収に換算すると400万円台です。

支出は電気代や水道代は自営の店舗と合算の金額なので、一般家庭よりも高め。

支出の【内訳】

①住宅ローン113,301円

②生命保険料:第一〇命に夫が月々1万円くらいで医療付き終身保険に、私はコープ共済3000円、そのほか共済保険3718円、ふたりの子ども達の共済5000円も支払っています。ちなみに夫の保険は20歳から掛けています。

合計21,718円

③光熱費:水道1万円、電気2万円、ガス6300円合計36,300円

④食費:お米とアルコール代のほか、休日のランチも含めて55,000円

⑤定期積み立て 27,000円

⑥電話代:携帯電話とネットプロバイダー固定電話も含めて14,684円

⑦夫のこづかい 12,000円

私のこづかい  3000円

⑧被服費   0円

⑨雑費  7000円

⑩医療費 6200円

⑪教養娯楽費 2万円

国民年金や税など約50,000円

合計366,203円

そのほか車の税金39500円があり、別にお財布から出しました。

3年前に思い切って見直してメタボ家計からの脱却を図りましたが、まだまだ改善方法があるかもしれません

 

買わない生活

 

tameyo.hatenablog.com

 

夫のこづかいは月に12,000円。

1週間のうち6日を働いてもらって、休みの前日に経理の私が3000円を手渡し。

それで夫は、釣り餌や釣り道具に使うほか、少しずつ貯めてカメラなどを購入。

もう少しあげたいのですが、何と言ってもぎりぎりな家計のため我慢してもらっています。キャバクラとパチンコには、家を建ててから行ったことがないでしょう。

食事は休日以外はすべて私が調理しています。お酒は家飲みだけ。

私は今月も服や化粧品を買いませんでした。

1年間の肌断食をしていますが、肌が荒れることはありません。

住宅ローンの誤算とは?

家を建てたのは1992年で上の子が4歳、下の子は1歳のとき。

当時は現在の倍ほど年収があったため、2400万円の住宅ローンが通りました。しかし、年を追うごとに売り上げが減って、四苦八苦。

金利を安くすると言った金融機関に、借り換えをして今に到ります。

あと少し返済が残っていて、2018年中に終わる見込み。

生活のレベルを下げるにはストレスを覚悟して

 住宅ローンはほかのローンに比べると金利は低めですが、収入が思ったより上がらなかったり、わが家のように下がったりすると、家計をひどく圧迫します。

やりくりに困ったら、手っ取り早いのは生活レベルをぐっと抑えること。

  • 食事はおからや豆腐などを手作りし、外食をしない。
  • つきあいで夜の繁華街へくりだすのをやめる。
  • レジャーは遠出をやめて、潮干狩りや近場の公園を散策する。

慣れるまではストレスを感じるかもしれません。私はけっこうため息をつきました。「私はどうしてこんなに我慢しなきゃならないのッ」

ブチ切れたこともあります。

でも、住宅ローンを払えなくなると、家を手放しても負債が残る可能性がありますし、賃貸しへ引っ越すにしても敷金など費用が発生します。

まして、わが家は仕事場を兼ねているため、店舗と住宅を借りると10万円は最低でもかかるでしょう。

私たちは生活を切りつめても、家に住み続けることを選択しました。

 

スポンサーリンク

 

 

親の背中を見て育つ子ども

わが家の子ども達は、私の「お金がない」「今月も苦しい」という愚痴を聞きながら成長。そして店舗併用の住宅なので、親が働く姿を見て大きくなりました。

幸いにも自立しています。

大学を終え勤務先に近いアパートに引っ越した費用と、初月給がでるまでの生活費を応援しましたけれど、それ以降は仕送りをしたことがありません。

故郷を遠く離れて大都会で生きる子ども達と年に1度か2度、会うのが私の楽しみ。

反省点は貯金の額が少ないこと

家計の反省として、まず住宅ローンの返済が大きいため貯金に回せるお金が少ないことです。

車をローンで買ったことはないのですが、今の車は古くなってしまいました。その費用をまずは貯めないとなりません。

ボーナスなし

今はボーナス時期ですから、ブロガーの皆さんがすべて貯金とか、資産運用に回すとか買い物をするとか書かれているのを見ると、うらやましいかぎり。

サラリーマン家庭と比べると、老後も厳しいのが自営業者です。

それで、私は貧困妄想に陥りました。

 

tameyo.hatenablog.com

私の自治体は、 国民健康保険料は7月に額が決定され、納付書が届きます。

国保料に国民年金と支払が多くて、悲鳴が……。

家計の改善法は?

「自営業って、そんなに所得が少ないんだ」と思う方がいることでしょう。売り上げに波がありますし、サラリーマンの奥さんと違って、自営業の妻は国民年金を納める義務があり、けっこう大変です。

これまでは住宅ローンに追われて貯金ができずにいました。でも、そのほかは子どもの奨学金をのぞくと、借金はそれほどありません。

実は、引き落とし残高が足りないと、通帳は自動的にカードローン借り入れとなってマイナス残高に。それが少しあるのですよ。

でも、貯め時はこれから!

住宅ローンが終わるのは夫が59歳、私が54歳。定年はありませんから健康に気を付けて70歳までは働くつもり。

金利が気になるカードローン

私は定期積立をカードローンの担保にしているので、マイナス残高になっても、15パーセントとかのべらぼうな金利ではありません。

でも、預金金利よりはずっと高めですから、マイナス残高を解消しなければ。

まとめ

住宅ローンを25年6カ月で返済しています。本当は25年で終わるのが、6か月伸びたのは、借換えたときの処理でした。

住宅ローンが家計を圧迫したら、生活レベルを下げてモノを買わないようにすると、即効性があります。

また、金融機関に相談して、繰り延べができることもあります。ただし返済期間が長くなると、老後もローンが残り、それはそれで苦しいことになるでしょう。

わが家は完済しても節約を続けて、老後資金を貯めていく予定です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク