貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

クレジットカードを何枚持つのが良いのだろう?私は1枚を解約しました

クレジットカードの管理をどうされていますか?

パスワードをすべて違うものにして、磁気の不具合がないように保管場所にも気を付ける。年会費も気になります。

私は先日、思い切って1枚のカードを解約。

主婦なのに、けっこうな枚数を所有していました。クレジットカードの気を付けたい点を考えてみます。

 

スポンサーリンク

 

クレカの平均枚数は3枚

私は3年前、よく行くスーパーでこう声を掛けられました。

「クレジットカードを作ると、こちらのスーパーの商品券をこの場で2000円さしあげます」

2000円も♪ すぐに釣られてしまいました。でも、500円とはいえ年会費が掛かるカードで、知らず知らずに引き落とされ、不要な出費に。

2000円の商品券をもらいましたが、払った年会費は3年で1500円。今回、カード会社に電話をして解約の手続きを取りました。

解約は簡単です。カードの裏面にある番号に電話をして、オペレーターに話すとOK.

ちなみに、日本の皆さんが持つカードの平均枚数は3枚です。

解約は簡単、でも音声案内が長い

私は1枚を解約しても、まだ4枚も持っていました。それはちょっと自分でびっくり。私はふだんクレジットカードでモノを買うことがないからです。

服や化粧品を買わない生活を1年以上、続けてきました。

 

tameyo.hatenablog.com

楽天カードで支払おうとしたら、利用できませんでした。そのときのショックと言ったら!

「あなたは浪費癖がありますね」と、刻印を押された気分でした。でも、それは誤解です!カードが使用できなかったのは、磁気の不具合だったのです。そのことを上記の通り、過去記事に書きました。

さて、そのことをきっかけにして、改めて数えてみると持っていたのは解約済みのほかは、 楽天JCB・三井住友エブリプラス・ファミマTカード・セブンカードの4枚。

そのうちのセブンカードも解約しようと電話しました。年会費がこちらも500円かかるのです。

すると、楽天カード会社より音声案内が長くて、結果的に挫折。

「セブンカードを解約すると公共料金を引き落としされている方は……nanacoポイントは……」

公共料金の引き落としにセブンカードを使っていませんが、nanacoポイントが消失するのはイヤ。

なので、もう少し調べて検討してからにしようと、電話を一旦、切りました。

気を付けたい申し込みブラック

アマゾンで本や洗剤を買うなどして、私が主に使うのは楽天カードです。セブンカードやファミマTカードはただポイント集めに持っていただけでした。

ところで、申込みブラックということをご存じですか?

クレジットカードには申込みブラックと言い、同時期に複数のカードを申し込むと審査が通りにくくなります。

クレジットカード入会時には必ず“審査”があります。

多くの場合、スコアリングと呼ばれる機械判定で審査が行われますが、その際に3Cと呼ばれる、「Capacity(返済力・資力)」、「Character(性格)」、「Capital(資産や財産)」という3つの条件が重視されます。

この3Cを基準として、年齢や固定収入、返済能力や借入金の有無、不動産所持の有無などをコンピューターで点数化し、合格点以上となると審査を通過します。

 

http://www.woshiru.com/creditcard/kisochishiki/shinsa/fukusu.html

上記の引用文では、キャパシティの返済能力とキャラクターの性格とキャピタルの資産に年齢や借入金の有無を加味して、コンピューターで点数化とあります。

主婦の私でも持つことができるクレジットカード、使いすぎや延滞がなければ発行してくれます。でも、利用は慎重にしたほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ブラックリスト、延滞は1年~10年ほど記録が残る

 商業主義の世の中ですから、魅力的な商品ばかりラインアップされる日常です。

「これ欲しい」「わあ、ステキ」と、買い物をしていたら、あっという間に返済額がふくれてしまうかも。

クレジットカードの引き落とし日に口座に残高が足りないと、延滞となります。すぐにカード会社に連絡を取り、処理をしましょう。

怠ると、とても困ることになります。

破産や延滞といった金融事故情報が記録にある場合、平均で1年前後、長くて5、6年~10年間はその記録が保存されます。 結果、金融事故情報を見たカード会社は申込者の返済能力に疑問を持つため、金融事故情報の保存期間中はクレジットカードやローン審査に通りにくくなります。この状態は「ブラックリスト入り」とも呼ばれます。 つまり、「ブラックリスト」とは金融機関にある実際のリストではなく、金融事故の情報が共有されているため審査で不利となる「状態」のことです。

 

http://www.woshiru.com/creditcard/kisochishiki/shinsa/fukusu.html

中高年なのに1枚もクレカを持っていない人は審査に通りにくい

クレジットカードの審査って、複雑なところがあります。そしてクレジットカードを持っていない人はスーパーホワイトと呼ばれ、年齢が高くなるほど「なぜ利用履歴がないのか」と不審がられ、審査が不利になるとのこと。

社会的信用とクレジットカードは密接なつながりがありますから、私のようにズボラで改めて数えたら自分でも驚くくらいカードを持っていたというのは、論外に違いありません。

まとめ

私はしばらくクレジットカードを作らないし、利用も慎重にしようと思いました。新しいパソコンが欲しいけれど、もう少し我慢。7年も使い込んでいるので故障が心配だけれど、買うときは現金払いが心理的にスッキリなのかも。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク