貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

部屋にたまったホコリ汚れを落とす、来客の準備で大掃除

弟夫婦がやってくるので、急いで片づけをしています。わが家は客間がないので、リビングに通しています。

取り込んだ洗濯物をとりあえずカゴに突っ込んで、脱衣所へ持って行くと、天井のすみにホコリがたまり、すすになっていました。ほうきで払いましたが、ふだんは気づき難い場所。

半年に一度の「大掃除の始まり」です。

 

天井のホコリを落とす

私は背が低いため、高い場所の掃除は苦手です。

前に椅子に上がって掃除をしたとき、落ちたことがあるのです。背中を床に打ちつけて、しばらく動けませんでした。

幸い打ち身で済み、それからはめったに家具の上や照明器具の掃除をしていません。なので、すんごく溜まっています。

窓からの風にのって、ホコリが舞うのは日常茶飯事。

そしてきょうは、脱衣所の天井のすみから「すす」が垂れ下がっているのを発見!

ほうきで払いました。

このときは天井をなでるようにして、ホコリを落とすのがコツ。

 

tameyo.hatenablog.com

 セリアの百均のほうきが活躍しています。職人が作った高級ほうきに憧れつつ、買えず仕舞い。

セリアのほうきは便利ですが、ほうき草がはずれやすいのが難点です。仕方がありませんね、100円ですから。

ほうきとタオルで

 ひと休みして「婦人公論」のバックナンバーを開いたら、掃除のセオリーが載っていました。2016年10月25日号です。

ほうきに薄手のタオルを巻いて輪ゴムでしばり、天井のホコリを落とすとよい。

私はタオルを巻かずに作業し、落ちたホコリをほうきで集めて捨てました。

皮脂汚れはぬるま湯で

汗をかいた手でふれた物すべてに、皮脂が付着し、それが時間とともに汚れに。

ドアノブ、受話器、食器棚……。

この汚れはタオルをぬるま湯にひたして、ふくとOK。

軽い汚れなら、乾いたタオルでふくだけで落ちます。

ホコリをためない

私はほぼ毎日、フローリングを乾いたぞうきんで拭き掃除しています。窓を開けているせいか、毎回ぞうきんが黒くなります。

それは高い位置から、ホコリが舞い降りているせいもあるのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

時間をかけない

掃除習慣がつくと、そんなに時間をかけなくても家がきれいになると聞きました。私はまだ気を緩めると、あっという間にリビングが散らかります。

「おい、少しは片付けろ」と、キレイ好きの夫に注意をされることがよくあります。

本当は、気が付いているのなら夫にも手伝ってほしいところ。

 

tameyo.hatenablog.com

 夫婦ゲンカをしてもつまらないので、よけいなことは口にしませんが。

毎日15分の掃除タイム

モノを捨てて、片づけて。

前よりは掃除をするようになりました。

ただ、毎日しないとすぐ散らかるし、汚れてしまいます。私は日々の食事作りを、1年のうち362日はします。

遠方に旅行に出かけたときだけ、家事から解放される暮らしを30年。

食は命の基本なので、料理は手を抜いていないつもり。

 

tameyo.hatenablog.com

 佐藤初女さんのおっしゃったとおりに、日々の食が命を養うと思ってきました。

料理をすると洗い物は出るし、キッチンは汚れます。要領や段取りが悪い私は台所に立つ時間が長くて、部屋のすみずみまで手が回りませんでした。

でも、毎日15分を掃除にあてると、汚れはそんなに溜まらないそうです。

はい、がんばって汚部屋を卒業しましょう。

まとめ 

夏はフローリングを裸足で歩くので、皮脂が付きやすい季節。でも、キッチンの油汚れと同様に、気温が高いため落としやすい。

ぬるま湯で固くしぼったタオルでふくとスッキリ、さっぱり。

弟夫婦を気持ちよく迎えたいと思います。

  

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク