貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

散らかった部屋は人をイライラさせる!捨てて目覚める暮らしのリズム

なんだか憂うつなのは曇りがちな天気のせいかしら?

それともぐちゃぐちゃに散らかった部屋のせい?

私はかつて散らかった部屋で幼い子どもたちを育て、怒鳴り散らした日々があります。

あの頃の自分に会うことができるなら、こうアドバイスしたい。

「あなたのキャパシティはとても小さいから、まずは不用品を捨てなさい」

 

スポンサーリンク

 

最も捨てられなかったのは夢

私は支配的な父親から離れたくて、結婚の道を選びました。

当時は20代前半だったので、プロポーズをしてくれる男性が現れて出会いから半年で結婚。

間もなく妊娠し、子どもが生まれます。

育児に追われながら家事をこなし、自営業の手伝いもしていました。

そんな忙しい日々ですが、私にはどうしても諦められない夢がありました。忙しければ忙しいほど、憧れが募る。

それは文学作品を書くこと。

小説は難しいため童話を勉強し、コンクールに応募。けれども落選ばかり。

そんなことを10年以上続けたのでした。

散らかった部屋では集中できない

ふたり目の子どもが1歳のとき、家を建てました。平成4年(1992年)のことです。

当時はまだ土地の値段が高かったし、金利が今とは段違いに高め。2400万円を7パーセントの固定金利で借りて、月々17万円を返した時期がありました。

年間200万円を返済しても、少ししか元金が減りません。

余裕がないので住宅ローンや学資保険、生命保険や公共料金を払うと、暮らしは本当にギリギリ。

 

tameyo.hatenablog.com

 

そのやりきれなさに私は現実逃避に走り、ますます本の世界にのめりこみます。

新築の家が数年で汚部屋に!

散らかった部屋では何事も集中できなくて、私は実に中途半端な人間でした。

スポンサーリンク

 

残り時間を数えて愕然とする

そんなこんなで気づいたら50代に突入し、老後貧困という文字が目の前にちらつくようになりました。

心身共に健康でいられるのは、あとどの位かしら……。

それと同時に、家族を粗末にしてきたようで後悔。

こんな私を見捨てずに黙々と働いた夫がいたから、本を買い、好きなことに没頭できたわけで。

幸い、子ども達は大人になって自活して、そのことが救いです。

家事はリズム

食事の支度、部屋のそうじ、洗濯、洗濯物をたたむ……。

家事は毎日毎日こなしていかないと、溜まってしまい、それが生活のよどみになります。

 

tameyo.hatenablog.com

 

ゴミが水路の流れを堰き止めるように、日常に支障をきたすようになる。イライラしながら探しものをする。あげくに大切なものを逃がしてしまう。

散らかった部屋は自己嫌悪につながる

散らかった部屋はそこに住む人をイライラさせて、そのためにチャンスを逃す傾向があります。

それに、私の世代は家事はオンナが担うものという考えが根強く、家が汚いと主婦として失格と他人から嘲りを受け、それが自己嫌悪につながります。

これは辛い。

私も経験がありますが、存在価値を否定されたように感じます。

捨てて目覚める

少しずつゴミや不用品を捨てると、暮らしのリズムがわかってきます。

  • まず動くこと。
  • 袋を手にしてゴミを拾うこと。
  • 食器を洗い、夕食の献立を考えること。
  • 例えばパンにかびが生えないようにするなど、食材を多く買いすぎない。
  • 冷蔵庫の食品の賞味期限を確認すること……

そのほか町内会の仕事や親戚付き合いなどもあって、なんて主婦の仕事はきりがないのでしょう。

ため息が出そうなときほど、リズミカルにウキウキしながら、体を動かすことにしています。

気分を変えることができます。

夢をあきらめたわけじゃない

夢から醒めて現実を見たとき、あぜんとして深い後悔に囚われたのは、胸に不安が渦巻いたからです。

貯金は少なく老後への備えは手薄で、しかも地方ですから、将来は人口が急激に減って暮らしが良くなる見込みがない。

バブルの時期に大やけどを負った人の話を山ほど聞いているため、投資は怖くで手を出せない。そもそも、余裕資金がないのですが。

でも、再起不能というわけではありません。

運が良く大病をしなければ、20年くらいは働きながらこつこつスキルを磨けるでしょう。

夢をあきらめる必要はなくて、方向転換しただけ。

まとめ

夢みる夢子で、家族をないがしろにした時期が私にはあります。部屋は散らかり、夫はイライラしていました。

今、不用品を捨てて、暮らしのリズムを整えています。毎日のことなので波がありますが、現実を見すえたことで、希望が生まれました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク