貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【秋の靴】外反母趾など足のトラブルを抱えて、靴の選び方が変わったよ

秋の靴を一足、買い足しました。

ベージュしようか、ボルドーにしようか色を迷いましたが、本当に大切なのは色ではなくて、履きやすいデザインと足底の安定。

中年になると女性は足にトラブルを抱えがちになります。

ゾウ足、外反母趾、偏平足、足をくじく、転びやすくなる……。私はすべてにあてはまり、靴選びはデザインより安全第一になりました。

私が靴について気に懸けていることを紹介します。

スポンサーリンク

 

 

ハイヒールは足が疲れて長時間はムリ

ベージュのパンプスは唯一、シューズボックスに残ったヒールの靴です。

10年ほど前に買いました。

いま履くと、足の幅が合いません。私の足底が横にべたーっと広がったからだと思います。

40歳を過ぎて外反母趾となり、足の親指の付け根が痛くなりました。

50歳を過ぎると、ときどき足底も痛い。

それでも捨てなかったのは、おしゃれ靴がこれしかないから。

パーティ会場で履くことがあるかもと、未練たらしく断捨離していません。

足底筋膜炎 

私のように足の底が痛いときは、足底筋膜炎という症状かもしれません。

足底の筋肉の衰えや筋肉が硬くなることで起きますが、人それぞれに痛むところや踏み出した一歩が痛いケースや、歩いてしばらくすると痛くなるのか、違うそうです。

zi-gen.com

私はまだ専門医に診てもらったことがなくひどくなる前に一度、行ったほうがいいと自分でも思っています。歩けなくなると困りますから。

外反母趾

足指の付け根が横に広がるのは開張足といい、それこそが外反母趾の特徴とのこと。

私はまさにぴったりあてはまる。

足の指を使わないで、「ぺたぺた歩き」が原因。そして運動不足が進行させる。

正しい歩き方をすると、改善することもあるそうです。

正しい歩き方とは、体重移動を足裏でしっかりと行い、さいごに足指で地面を蹴る

http://asinayami.com/about/

外反母趾は男性でもなるそうなので、ご注意を。

スポンサーリンク

 

 

足へ思いやりを

記憶にございませんが、私にもこんなきれいな足だった時期があるのでしょうね。

いまは、とても晒すことができません(-_-;) 

若いときは自分の足を気にしたことすらなかったです。

「あらイヤだ、誰の足かしら、臭うのは?」

靴を脱いでお座敷にあがったら自分の足が一番、誰も好まない香りをがんがん放ったり……

でも、中高年になったら、足のすみずみを観察して毎日ていねいに洗いましょう。

足の小さな傷が治りにくいときは、知らないうちに糖尿病になっている可能性があるから。

糖尿病が進行すると傷の治りが悪くなって、足指の傷口からばい菌が入り化膿しやすくなります。

履きやすいのは足を包んでくれる靴

久しぶりに靴を買いました。

今年はじめてです!

深いボルドー色が気に入り、もちろん履きやすい。

 

tameyo.hatenablog.com

手持ちの 服にも合わせやすいかも。

靴はいつも、お店で履き心地を試してから買っています。

足を包むようなデザインのほうが、安定感があって好き。そして足底がしっかり密着した靴でないと、私の場合は痛くなりやすい。

この靴はその条件を満たしてくれました。

神戸の会社が企画して、中国で作られた靴。イトーヨーカドーのテナントで見つけました。

ちなみにお値段ですが、合皮のせいか2700円とお財布にやさしい。

歩くのが楽しみな秋です。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク