貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

おしどり贈与は結婚20年の妻へお得に贈与できる制度、デメリットは?

仲のむつまじい夫婦をおしどり夫婦と言いますね。

そして日本には俗に『おしどり贈与』と呼ばれる配偶者贈与の特例があります。

夫が婚姻20年以上の妻に、居住用の不動産を贈与しても基礎控除のほか最大で2000万円までなら控除が受けられるというものです。

わが家は結婚30年、家の名義を貯め代にすることは果たしてお得でしょうか?

おしどり贈与のメリットとデメリットをお知らせします。

 

スポンサーリンク

 

おしどり贈与とは?

配偶者贈与の特例を『おしどり贈与』と言うことがあります。

長年の内助の功を感謝する気持を込めて、夫から住まいをプレゼント。

結婚20年の妻に対して、基礎控除110万円のほか2000万円まで税金がかからないというものです。

メリット

例えばわが家は、土地と建物がすべて夫の名義です。

私たち夫婦には実子がふたりいるので、夫に万が一のことがあれば、残された遺族が遺産を相続することになるでしょう。

  • 妻が2分の1、子どもたちも2分の1です。

では、実子がない夫婦は?

残された妻と亡くなった夫の親族の間で、遺産相続の手続きが行われます。

  • 妻が3分の2、夫の両親が3分の1。

また、夫がよその女性との間に認知した子がいれば、その子の分も相続問題は発生します。

相続争いは、意外と財産が少ない家庭で起きることが多いそうです。

それはなぜでしょう?

財産が家しかないとき

(写真の建物は私の家ではありません)

たとえば私の家の預貯金はスズメの涙で、株券はなく、金の延べ板もありません。

財産と呼べるのは、いま住んでいる土地と建物しかないわけです。

田舎の土地なので実際は評価額がとても低いのですが、仮に1000万円とすると、貯め代が500万円、ふたりの子ども達に250万円ずつ分けることになります。

たいていは話し合いで決着がつくと思います。でも、子ども達が結婚して配偶者がそれぞれいると、「びた一文ゆずるのは嫌だから、250万円を払ってほしい」なんて可能性が絶対にないとは言えなくなる。

そうすると、貯め代は家を売ってお金を作らなければなりません。老いの身でアパート探しは難しく、橋の下で雨露をしのぐ暮らしになるかも……。

妻にお得な制度

これが前もって夫からおしどり贈与を受けていれば、貯め代は宿無しにならずに済みます。

「おしどり贈与」には妻に家を残せるメリットがあります。

名義変更の費用はかかる

この特例の贈与を適用させるには、家あるいはマンションの名義を変更する必要があります。

贈与税はかからなくても、名義変更の費用が発生します。

ほかにもかかるものがあります。

    • 登録免許税が相続税より割高な利率でかかる。
    • 不動産取得税がかかる。
    • 自分で手続きができないときは司法書士等に依頼することになり、その費用がかかる

スポンサーリンク

 

静岡県行政書士は下記のような意見を述べていました。

配偶者控除で大きな恩恵(節税)を受ける人は、そう多くないと言うのが実感です. 私個人の考える恩恵が大きな人は・遺産額が大きく相続税の税率が高い・居住用不動産の面積が大きい等で、小規模宅地の特例の恩恵が少ない・どうしても配偶者に名義を変更しておきたい    こんな感じでしょうか。

参照元

結婚20年で配偶者へ感謝の気持ち(おしどり贈与) - 永井宏樹 [マイベストプロ静岡]

意外なデメリット

おしどり贈与には、思いもしないデメリットがあります。

  • 妻に家を贈与した後で熟年離婚をすることになった
  • 妻の方が先に亡くなって再度、夫が家の名義変更をしなければならなくなった

平和な日本ですが、一寸先は闇。

おしどり贈与の後で離婚することになり、住む所を失った夫がいるとか。ずっと仲良く暮らせるという絆の強い夫婦なら、問題ないかもしれませんが、先のことはだれにも判りません。

まとめ

私は配偶者控除のこの特例に、前から関心を寄せていました。30年間もほぼ無給で夫の仕事を手伝ってきたからです。

でも、調べてみて名義変更の費用・免許登録税・不動産取得税など数十万円がかかるため、おしどり贈与をしないことにしました。

一見すると妻にお得な制度。しかし、富裕層むけの控除といえそうです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク