貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

掃除は家に愛情を与えること!小まめな拭き掃除できれいをキープ

「貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント」は、もともと私自身の汚部屋を解決したくて始めました。

ブログを書きながら大量にあった蔵書を処分し、靴箱のオンボロ靴を断捨離。そして私の課題のひとつがきれいをキープすることです。それがなかなか難しくて(-_-;)

迷いながら進めるなかで「掃除は家に愛情を与えること」という言葉に出合いました。

家に愛を与えるために、小まめな掃除をするコツをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

捨てることが苦手だった私

思えば私は子どものころから、片づけるのが下手でした。

「なんど言ったらわかるの!使ったものを元に戻しない」と、継母に怒鳴られる日々。両親が離婚して、実母が出て行ったのは私が4歳足らずのときでした。かねてより父と交際していた女性はすでに身重で、まだ21歳の若さ。

手のかかる連れ子の世話までできなかったのだと、大人になった今なら理解できます。

当時、私はひどく鈍くさい子どもで小学校に入学しても、おねしょが治りませんでした。

いまならADHDの診断がついたかもしれません。

しかし、50年前は多動症や落ち着きのなさ、あるいは反応の鈍さが問題にされることは少なかったし、虐待もかなりな件数があったはずですが、社会の話題にのぼることがありませんでした。

何しろ原っぱに子どもが群れて遊ぶような時代で、街並みがどんどん開発される高度成長期。ちなみに私は1963年、東京オリンピックの前年の生まれです。

モノを粗末にすると罰があたるぞ

継母に疎まれた幼い頃の私は、祖父母の家で育ちます。

明治生まれの祖父母が暮らす父の実家と、明治生まれの大祖母、大正生まれの祖母が家事を取り仕切る継母の実家を、ピンポン玉のように行き来して成長。

両家の考えは、よく似ていました。

 

「モノを粗末にしてはいけない」

「食べ物を粗末にすると目がつぶれる」

「お前はどうしてすぐ捨てるの!まだ使えるよッ!」

祖父母たちが生きた時代は餓死者や行き倒れの人がいましたし、太平洋戦争のときはそれこそ食べるものに苦労したわけです。

そんなわけで、私は『捨てる』ことに罪悪感を抱いたのではないでしょうか。

結局、それがモノを溜めてしまい、汚部屋につながることに。

スポンサーリンク

 

家に愛情を与える

モノがあり過ぎて、ごちゃごちゃの家は主婦にとって非常なストレスです。

私はなんども恥をかいてきました。

あそこの奥さんは片づけのできない人だ

レッテルを貼られたことがあります。

数年前から、一念発起して片づけてきました。

 

 

狭いリビングですが、モノを減らすとすっきりと見せることが可能だと気づきました。

しかし、なんでも捨てればそれでいいというわけにはいきません。大切な書類をなくすのは困る。

紙類の処分と保管は、頭が痛いところです。

そして、もうひとつ悩ましいのが、ホコリ!

 

tameyo.hatenablog.com

寝室のホコリは、ふすまの裏側にあった!

タンスの上にも溜まりに溜まっていました。窓を開けて風を入れ替えるとき、ホコリは宙に舞い、やがて床に落ちる。掃いても掃いてもきりがなく。

うんざりしていると、「家に愛情を与えるのが掃除」という美容家のIKKOの言葉を知りました。

家は自分の世界観を表す」とも。世界観か~、何とかしたい!

 

tameyo.hatenablog.com

 トイレはしつこい汚れを、「高森コーキ 尿石を溶かす」で撃退。 

日頃の掃除は、着なくなったTシャツや古タオルを手ごろな大きさに切って、使い捨て雑巾として使用しています。

でも、さらにきれいにするにはどうしたら良いでしょう?

世界一キレイな羽田空港のカリスマテクとは?

2015年NHK『プロフェショナル仕事の流儀』で紹介された新津春子さんは、日本人残留孤児2世です。

17歳で両親や兄弟とともに中国から日本にやってきました。

清掃のプロとして、有名な方ですね。

「汚れは家の造りや家族構成でそれぞれに違う。汚れ落としは理屈も重要」とのこと。

 

本を何冊も出版されている新津春子さん、『掃除は「ついで」にやりなさい!』はタオル一本でピカピカにする術を解説。

新津さんは21歳のとき働いていた会社を辞めて、職業訓練校で清掃の技術を身につけて、24歳で羽田空港の清掃を担当する会社に転職したそうです。

羽田空港は私も行ったことがありました。

フロアが光っていました。もちろん汚れたところがなかったですね。

それでは新津さんが説く掃除法を紹介しますね。

タオルの使い方が掃除を制す

古いタオル1枚でほとんどの場所をきれいにすることができます。

タオルは横に広げて、まず両サイドを重ねて二つ折りに。そしてさらに畳んで、最終的に8つ折に。

手のひらとちょうどサイズが合い、1枚のタオルで8つの面が使えます。

キッチン

水分や油分を放置しないことが大切。さっとふき取ることですね。

ガスレンジ台の五徳は、こびりついた汚れがやっかいですが、調理後にはずして洗剤を溶かした水につけておく。

食後に食器洗いのついでに、洗うといつもキレイに。

トイレ、お風呂、洗面所

トイレは奥の方にトイレブラシや洗剤を置くなかれ。

ホコリが溜まるし、雑菌がニオイの発生源になるからです。

トイレブラシやケースは洗って戸外に干して、掃除用具入れにしまうのが正解。

浴室は、湯上りに皮脂や石鹸カスを熱いシャワーでながすと、水垢をふせぐことに。

壁面はスクイージーで水滴を落とし、窓を開けて乾燥させましょう

洗面所は、シンクの回りにモノを置かないこと。ホコリを溜めずに掃除しやすい環境に。

ホコリと汚れを溜めない「ついで」掃除

毎日の積み重ねでホコリや汚れのない住まいにしたいですね。

掃除を趣味にして、楽しめたら良いのでしょう。

モノの捨て方や掃除は、その人の心理と密接につながっている。健康でなければ掃除は行き届きません。

老いると、ますます掃除や片づけが億劫になると聞きますから、私も今のうちに習慣づけたいと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク