貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

恭賀新年、目標は具体的に立てたい!健康作りとヘヤカツ、貯金に励むこと

明けましておめでとうございます。

2018年、私が暮らす雪国はおだやかな元旦となり、薄日が射した時間もありました。

戌年の今年は5歳上の夫が還暦を迎えますが、年金の受給は65歳から。この現実はシビアです。

買わない習慣と節約で家計を引き締めて、健康に気を付けながら働く、その目標を具体的に立ててみます。

 

スポンサーリンク

 

60歳になっても年金がない現実

うちは自営業のため夫婦とも国民年金だけ。

65歳から受給できますが、据え置いて67歳や68歳、あるいは70歳に受け取ると受給金額が増えます。

といっても厚生年金に比べるとずっと少なく、満額を掛けても国保料や介護保険料を引かれると月にして5万円ほどと聞きました。

とても生活できる金額に届きません。

何しろ、日本は長寿の国。平均寿命は90歳ほどで、さらに延びそうです。

1958年(昭和33)は今年とおなじ戊戌の年でしたが、その当時の日本人・男性の平均寿命は男性が64・98歳、女性は69.21歳。

60歳代で亡くなる方が多かった。

明治・大正時代は40歳代、50歳を超えたのが1947年(昭和22)ですから、寿命は延びはすごいですね。

 

tameyo.hatenablog.com

 

いまは60歳で楽隠居という方は、少ないに違いありません。リタイヤして投資生活をされている方は別ですけれど。

65歳まで年金を受け取れない現実は、かなりシビア

わが家は生涯現役をモットーに、足腰を鍛えようと思います。医療費をなるべく使わないことが、個人的にも国も助かるでしょうから。

ヘヤカツ!

 

tameyo.hatenablog.com

 

tameyo.hatenablog.com

ヘヤカツは、快適なお部屋にして、それを保つことです。

掃除はこまめにやる。そのことをまず心がけたい。

これまで私は家のありように気持ちが向かっていなかった。

シンプルライフは、何げない日常を心から楽しむこと。断捨離をさらに進めたく思います。

車は金喰い虫だが地方では必要

年末に修理をふくめた車検費用が187,000円もかかりました。

年間でいうと、保険代やタイヤに税金が16万円くらい。

ガソリン代を除いても35万円がかかり、わが家の家計にとっては大きな出費です。

しかも車は11年目なので、夫はしきりと買い替えを主張。 

中古車しか買えませんが、150万円~200万円かかりそうで、車は金喰い虫です。

しかし、バスや電車の便がよくない地方では必需品。

今年は車のために働く年になるんじゃないかと、警戒しています。

スポンサーリンク

 

健康づくり

年越しに、お煮しめをたっぷり作りました。

正月3が日は、これに焼き鮭やハム、紅白なますを食べようと思います。

私は食べることが好きで、料理はそんなに苦になりません。

ただ、カロリーオーバーになりがちなので、今年は運動に精をだしたい

 

tameyo.hatenablog.com

 

 

tameyo.hatenablog.com

わが家はアラ還と アラフィフの夫婦。これまで以上に積極的に外に出て、ウォーキングや山歩きをしなければ。

山歩きは春のワラビ採りが主ですが、登山も無理せずトライしたい。近場の山で充分ですから楽しめたらと思います。

そのためにも普段から、週に3日は30分のウォーキングをして、毎日のスクワットを習慣にします!!

ダイエットのためにも運動を習慣に

走ってもやせるとは限らないという記事を読みました。やせるにはコツがあるそうです。

走ることを「イベント」ではなく「習慣」に変える 「確実にやせるためには、週に何回走ればいいですか?」 という質問をよく受けます。

では、どのぐらいの頻度で走ればやせるでしょうか。

答えは「その人が習慣にできる回数」です。とはいえ、残念ながら月1回では習慣にしてもやせられないので「週何回」という質問はある意味正解です。

ただし「誰もが週●回走ればやせられます」とも言えません。

大学教授などは「理論的には最低、週2~3日」という回答をするでしょう。でも長年、現場でさまざまな人の体を見ていると、やせるペースは十人十色で「何回」などと断言できなくなります。

重要なのは決まった回数ではなく、習慣化できるかどうか。たとえ1回に90分間走れても、月に1~2回しかできなかったり続けられなかったりしたら、当然、やせるのは不可能です。

でも運動習慣のなかった人が15分間でも毎日走れるようになったら、確実にやせられます。 私のクライアントもダイエットに成功している人のほとんどが、毎朝20分、月水金、帰宅後毎日15分、週末20~30㎞など「運動のパターン化」に成功しています。

もちろん最初は、距離なり時間、頻度を少なめからスタートしてもいいし、いくつかパターンを用意して、週ごとに変えてもいい。

そうやってベストな時間帯、タイミングをつかんでいくのです。 走ることを「イベント」ではなく「習慣」にする。それが成功した瞬間、体にやせスイッチが入るのです

 

参照元

「走ってもやせられない人」が知らない超基本 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

走ることを習慣にする。そうですね、私は午後3時半に町内を軽くランニングすることにしましょう。

買わない習慣

 

tameyo.hatenablog.com

 

 

tameyo.hatenablog.com

 今年もできるだけ『買わない暮らし』をしたいと思います。モノを買うとお金が減るだけでなく、散らかる元になるからです。

親の家を片づけるために、多額のお金が掛かったという話をたくさん聞くようになりました。

 

tameyo.hatenablog.com

 私が購入したものが将来、娘たちの時間やお金を奪うことになるかもしれない。買いたいものがあっても、慎重に。

あ、でもミシンは今月買う予定です。

嫁入りのときはミシンが、ずいぶん前に壊れてしまったんです(-_-;)

役立つモノを吟味して暮らしたいと思います。

節約料理

 

tameyo.hatenablog.com

 

野菜やお魚、お米も値段が上昇していますが、問題の根が深い。

東北に在住し、実感として農家がすんごく減っています。

高齢化と後継ぎがいないため、米や果樹、野菜を作る若手がほとんどいません

あまり報道されませんけれど、日本の農業と漁業は危機的。しかも中国でも農業人口が減って、食料を輸入していますから、これからは争奪戦になるでしょう。

すでに、マグロやエビ、さんまは他国でも大量に消費され、庶民の口に入りにくくなっています。

 

tameyo.hatenablog.com

 

tameyo.hatenablog.com

 新鮮な食材を選んで、手間を惜しまず節約料理。

月の食費は4万円以内に。

節約だけで1000万円を貯めることは難しいですが、それでも諦めずこつこつ貯金。

月に8万円、年間96万円をまずは貯めることを目標に決めました。すると10年で1000万円です。千里の道も一歩から。

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング