貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

買わない生活

実質GDPが9ヶ月ぶりに減!地方はずっとマイナスの感じで好景気の実感はなし

2018年1月から3月期までの国内総生産GDPの速報値がニュースで流れました。 前年比0.2パーセント減、年率換算で0・6パーセント減とのこと。 野菜やガソリンの値上げが響き、個人消費が低調だったことや、住宅投資も落ち込んだのが原因。折しもシェアハウスの過…

税金滞納者の自宅にモノがあふれている!税金Gメン怒号が飛び交う現場を見て

住民税や所得税のほか、不動産を持っていたら固定資産税、自家用車があれば車の税金も納付しなければならないこの時期。 実にふところがイタいですね。 朝の情報番組『ビビット』をこの前見ていたら、税金滞納者を取り締る税金Gメンの仕事ぶりが放送されてい…

収入が減ったときは迷わず『買わない生活』や『暮らしの見直し』を

転勤や人事異動、子どもの進学・就職等という慌ただしい時期から、少し落ち着いたころでしょうか。 我が家が夫婦ふたり暮らしになったのは2010年、子どもたちの進学と就職がきっかけでした。その頃から徐々に暮らしをダウンサイジングしています。 モノを減…

ゼロ円食材のフキノトウでデトックス!オリーブオイルのみそ炒めの作り方

私の暮らす北国でも、フキノトウを見かけるようになりました! 雪どけが進んで一気に気温が高くなった先日、ウキウキと近場の里山へでかけて、ゼロ円食材のフキノトウをゲット。 私の地元では冬眠から醒めた熊が、まっさきに食べるのがフキノトウだと言われ…

【つい食べてしまう心理】買わない生活に太る習慣はデメリットだらけ!痩せるために

私は服やスキンケア用品を『買わない生活』をしています。 クローゼットの底を発掘して着回し、オーソドックスなデザインなら充分に着ることができるため、自分なりのおしゃれを工夫。 しかし困るのがサイズです。10年前も私はぽっちゃりしていていましたが…

究極の節約!靴下の穴をつくろうことでモノの命を使い切る

私は、服やスキンケアを買わない生活をしています。『使い切ることで地球の資源を守る会』をたったひとりで立ち上げ、いまも自分だけで活動しています。 このごろは買わないことが「ふつう」になりました。しかし、困るのが靴下の消耗の激しさ。 そこで私は…

買わない生活を続けるために目標を持とう!貯めたお金で自分に投資

バーゲンや特売に目がなくて、買い物がストレス解消という方は、意外と多いのだと思います。テレビをつければコマーシャルのシャワーを浴びていますし、ネットショッピングで底値を探してポチッ。 欲しいという気持ちが薄れたころに商品が届くこともあるでし…

持たない暮らしの元祖として著名な下重暁子が語る本当の贅沢とは?

下重暁子さんといえば『家族という病』がベストセラーとなりました。きょう私が紹介するのは『持たない暮らし』中経文庫。 2000年にあさ出版から刊行された「シンプルのすすめ」の文庫版で、著者は18年も前から持たない暮らしを提言していたのか!と改めて感…

買わないチャレンジで衝動買いを防ぐ!欲しい服はクローゼットにすでにある

買わない生活をして1年半以上が経ちます。でもショッピングモールやデパートへ行くことがあります。というのは町の本屋さんが閉店したので、テナントの書店に寄って、今はどんなことが話題なのか、女性誌の表紙を見たいときがあるのです。 そうしてつい洋服…

断捨離バトル、ついにわが家も!「もっと捨てろ」娘からダメだし

シンプルライフをテーマにブログを始めて1年、自分ではけっこう捨ててきたつもりです。ミッキーマウスとのらくろのぬいぐるみも処分してさっぱりスッキリ。 ところが帰省中の娘から「もっと捨てて!ごちゃごちゃしている家を彼に見られたら、恥ずかしいから…

成人式の振袖レンタルは15万円から30万円くらい、高い理由と業者が雲隠れの事件

新成人のみなさま、おめでとうございます。 私にはふたりの娘がいるので、式の当日は朝6時前に起きて美容室に送り届けたことを思い出します。 振袖はレンタルしても15万円以上かかるので、ふたりとも私のお下がりを着せました。 この記事は、母親の振袖を活…

恭賀新年、目標は具体的に立てたい!健康作りとヘヤカツ、貯金に励むこと

明けましておめでとうございます。 2018年、私が暮らす雪国はおだやかな元旦となり、薄日が射した時間もありました。 戌年の今年は5歳上の夫が還暦を迎えますが、年金の受給は65歳から。この現実はシビアです。 買わない習慣と節約で家計を引き締めて、健康…

はてなブログを始めて1年、節約と暮らしはどう変わった?

今年もあと数日を残すばかり。 はてなブログに最初の記事を投稿したのが1月8日。これまでの投稿数は238となります。 初めはシンプルライフを目標に、不用品を捨てることを主軸にしたいと考えていました。 ところが、私は自分で思っていた以上に捨てることが…

年末年始をシンプルに過ごす5つのポイント正月料理は頑張らない

私が暮らす雪国には伝統的な正月料理があります。 ホタテ貝やツブ貝など魚介を煮込んだお煮しめ、ニンジンの子和えやマグロとイカの紅白のお刺身、イクラ、鮭の切り身の焼き物、紅白なますやだて巻きなどなど。 旧家のある主婦から、全て手作りで3日がかりと…

狭い家にモノがぎっしり!シンプルライフに目覚め片づけて良かったこと3つ

小さな戸建てに住んでいます。 居住空間としては28坪しかありません。 「狭いから散らかるんだ!」 「もっと広い家に住みたい!」 家を建てて25年、不満を言いながら暮らしてきました。 モノがぎっしりでしたが、今年シンプルライフ目覚めて片づけて良かった…

徹底してお金を使わないフランス人から学んだ『本当の贅沢』とは?

タイトルに惹かれて手に取った『徹底してお金を使わないフランス人から学んだ本当の贅沢』は吉村葉子さんの著書です。 新婚からの20年間をフランスに暮らし娘さんを生み育て、帰国後は神楽坂でカフェ「ジョルジュ・サンド」を経営したこともあります。 そん…

買わずに済ませておしゃれを楽しむ♪手持ちのスーツはインナーが決め手

これから年末にかけて、クリスマスパーティや忘年会を控えている方も多いでしょう。 私も会合に出席するため、コーディネートにあれこれ悩んでいます。 3年ほど前にバーゲンで購入した明るめグレーのスーツを活用したいのですが、インナーでがらりと印象が異…

生活レベルを下げてシニア世代の自己破産を防ぐ!『買わない暮らし』はおススメです

シニアの自己破産が増えているという内容の記事を読みました。住宅ローンや教育費などを抱えていたら、確かにお金がかかります。 いくらあっても足りない。かつての私もそうでした。 バブル時代に豊かさを享受し、贅沢な暮らしが知らず知らず身に付いている…

『おしゃれ断食』を読んでボーナスを制す!なりたい自分を叶えるために

そろそろボーナスが気になる時期です。 2017年冬のボーナスはアップする企業が多く、予想平均額は約37万円。支給日は12月初旬が多いとのこと。 ボーナス払いにして、欲しいモノを買っちゃおう! クリスマス商戦がすでに始まっていますし、財布のひもがゆるみ…

買わない生活をして1年半、使い切る暮らし方で得るものとは?

検索からブログ「貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント」を、読んで下さる方がいます、ようこそ♪ 有難うございます。 「買わない生活」「買わない暮らし」のキーワードは、私のライフスタイルのひとつ。 服やスキンケア化粧品を買わずに、これまで買い溜…

【買わない生活】冬コーデを考えて、タンスの肥やしを使い切る

寒くなり、冬のコーデを考えるこの頃です。買わない生活を実践している私は、タンスの肥やしをT買い切るようにしていました。『大人になったら、着たい服 普通がいちばんむずかしい』主婦と生活社の本を参考に、着回しを紹介します。

着画あり♪刺し子のコートでお出かけを予定、ボタンの位置を変えてサイズ調節

北海道では初雪の知らせがありました。私が住む東北も朝の気温は10度と、ぐっと冷え込んでいます。 そんな秋に外出の予定ができたので、頂き物の刺し子のコートを着てみました。 ジャパンブルーと称される藍かすりの生地です。 刺し子は木綿の生地を2枚合わ…

秋色コーデはボルドーをポイントに♪着回しを工夫して『買わない生活』

朝夕は涼やかな風を感じるようになりました。 季節は秋、そろそろ衣替えの時期です。 日中は汗ばむくらい気温が上がるので、薄手の羽織る上着が重宝しますね。 インナーをボルドーのチュニックにして、白のカーディガンを合わせて、友だちとランチを楽しみま…

買うは天国、捨てるは地獄! 理想的なワードローブの数は何枚だろう?

家の中が片付かないのはモノの量が多いからです。しかし一気に減らすとリバウンドする可能性がありますね。大量の服で悩む方に向けて、理想的な枚数を紹介します!

リボ払いの罠にハマったら借金地獄だから、三井住友エブリプラスをマイペイすリボで調整

クレジットカードで旅行代金の支払いを7月にしました。そのとき「何回払いにしますか?」と、旅行会社の担当者に言われなかったのです。 私がそのとき利用したのは、三井住友VISAカードEvery Plusでした。このカードはリボ専用。自動的にリボ払いになるカー…

服を買わないための参考本『990円のジーンズがつくられるのはなぜ?』長田華子著

ファストファッションが、あふれんばかりにショップに並ぶ時代です。服を買っては使い捨てる、そんな生活が定着しました。 クローゼットから衣服があふれだして床に散乱しているのに、まだ欲しい方や、被服費が家計を圧迫しているときは、考え方を根本から変…

【金銭感覚の呪い】借金をしない生活のために自分の生育歴を検証しよう

高額な買い物をしていなくても、家計が赤字になることがあります。税金や年金、教育費に住宅ローン、水道や電気料金……。 息をしているだけでもお金がかかるものだと、私はため息をついたものです。 そんな私はあるとき友人とおしゃべりして、彼女の金銭感覚…

【買わない生活】服が破れたら当て布をして縫うと、ずっと長く着ることができます

服を買わずに生活するために、ぜひ取り入れたいのが「針と糸」を使う暮らしです。 裁縫箱がなくても、糸と針はセリアやダイソ-にも豊富に置いていますから、まずは100均でそろえてもOK。 破れたら糸と針でちくちく縫うことで、お気入りをずっと長く持たせる…

【買わない習慣】手持ちの服を見直すと、モノを増やさないで済みます

夏は旅行や同窓会など外出がふえる季節です。 「いつも同じ服じゃ気分があがらない。バーゲンで新しい服を買っちゃおう」 そう思う方は、ちょっと待って。 まずはクローゼットの扉を開けて、手持ちの服を見直してみましょう。 数年間、袖を通していない服は…

いつもの服で細く!若く!すてきに見せる技『横森美奈子の大人の着やせ帖』はアラフィフに参考になる一冊

手持ちの服で着やせして見える方法ってないかしら? 私は服や化粧品を買わない生活を実践して1年。少ない枚数の服を着回しています。 ちょっとの着こなし方で、細く若く見えたら言うことありませんね。『横森美奈子の大人の着やせ帖』は、40代後半の女性にむ…