貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

断捨離バトル、ついにわが家も!「もっと捨てろ」娘からダメだし

シンプルライフをテーマにブログを始めて1年、自分ではけっこう捨ててきたつもりです。ミッキーマウスのらくろのぬいぐるみも処分してさっぱりスッキリ。

ところが帰省中の娘から「もっと捨てて!ごちゃごちゃしている家を彼に見られたら、恥ずかしいから!」の言葉。「これ以上、どうしろと言うの」

母娘の攻防は価値観の違いでしょうか?

断捨離バトルについてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ガラクタは未練なく捨てろ!

先日、この手前の机を処分しようか悩んでいる記事を書きました。

娘に聞くと「うん、早く捨てて。お姉ちゃんの机も捨てたほうが良いよ」とのこと。

 

tameyo.hatenablog.com

 さらに「ガラクタばかりの汚部屋を、彼に見せられない」と、鼻の穴をふくらませて、私に詰め寄ります。

娘は昨年の秋に結婚しました。

うちの娘と関西生まれの婿殿とは、職場結婚。数年前からお付き合いをしていましたが、彼は東北の片隅にある拙宅にはまだ来たことがありません。

ふたりとも「結婚をしばらく先でもいい」と考えていたようです。でも、諸事情により電撃的に入籍。

正月は彼の実家で過ごした娘は「インテリアがステキなマンションだった、うちとは大違い」と。

雪が解けて桜の花が咲くころ彼の仕事が一段落するので、わが家に来て泊まる予定です。

それで「母さんはタメコミアンだから、不用品は未練なくもっと捨てて」と、ダメだしされているのです。

きれいの基準

バブル世代の私と1991年生まれの娘、きれいの基準がちがうようで……。

私はふだんよりも片付いていればOK.

娘の「きれい」は、モデルルームなのではないでしょうか。

 (イメージ画像です)

この写真のようにきれいを保つには、プロの掃除が必要でしょう。

家を建てて25年、その間は引っ越しをしなかったのでモノが増え過ぎました。そして、家が古くなっていますから、汚れもそれなりに溜まっています。

スポンサーリンク

 

さらに減らしたいモノ

 

tameyo.hatenablog.com

 買い物が好きでタンスから服があふれだして、また、本は本棚2つにぎっしり。

地震がきたら床が抜けそうなので、本はかなり処分したつもり。そして、服は1年半、買っていません。

しかし、まだ甘かった。

家が狭いんだから、残すモノをもっと厳選して」と娘。

  • 本をさらに減らす
  • 服も減らす
  • 食器を減らす

 

期限は4月までに

 

tameyo.hatenablog.com

 ゴミ袋を手に、毎日20個ずつ捨てよう。

毎日20個で月にして600個。それだけ捨てていけば、かなりすっきりするのではないでしょうか。

 

tameyo.hatenablog.com

 ピアノを前に断捨離してよかった。

 

tameyo.hatenablog.com

 片づけられないのは、いまや社会問題ですね。

ファストファッションや100均のお店から、気軽に安い物を買うことで家の中は洪水さながら。

そして、家の建物そのものをいずれ処分しなければならなくなる……。

若い頃には想像もできなかったことです。

 

tameyo.hatenablog.com

 ネガティブに考えると落ち込むので、物事は良いほうにとらえたい。

結婚はおめでたいことだから、婿殿が気持ちよく過ごせるように準備しよう。

その機会を娘が与えているのだと考え、片づけを進めようと思います!

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 


ライフスタイルランキング