貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

カーペット選びのポイントは?ニトリの実店舗で買うときは入荷の時期も注意

リビングに敷くカーペットを買いに、ニトリへ行きました。

地元の家具屋さんはほぼ消滅し、私の町に『イケヤ』や東京インテリアは進出していません。百貨店でペルシャ絨毯や緞通を買うほどゆとりはなし。

ニトリの店内で明るい色を選ぶ私と、汚れの目立たないシックな焦げ茶を気に入る夫。

我が家の決め手となった、カーペット選びのポイントをお伝えします。

 

 スポンサーリンク

 

カーペットを敷く理由

私が暮らしている北日本の町は、夏でもけっこう肌寒い日があります。

盆地なので、朝晩は10度近くまで下がるときがあり、短い夏が終わると10月末にもう雪がちらつく。

寒さ対策が必須で、春までフローリングが超冷たい。

余談ですが里帰り出産して、冬生まれの赤ちゃんだと実家のお母さんは内心、頭を抱えるかも。

灯油ストーブを夜間も焚いて毎日24時間の暖房だと、月に4~5万円かかりますから。

それはそれとして、カーペットのことに話を戻しますね。

写真のワイン色の敷物を10年も使用し、劣化が激しいので、新しくしようということになったのです。

カーペット選び

この写真はイメージ、部屋全体にカーペットを敷き詰めていますね。

我が家は築26年目の戸建てです。

モノを買わない生活をしているので、ニトリにもあまり出かけたことがありませんでした。

7年くらい前に、大学へ進学する娘のために家具をそろえたのはニトリでしたが、ベッドの組み立てに苦労。

そのときはアパートの部屋に家電を届けに来たヤマダ電機の 方が、ベッドを組み立ててくれ、いまも感謝しています。

 

tameyo.hatenablog.com

 

tameyo.hatenablog.com

さて、お部屋の雰囲気がカーペットでがらりと変わります。

この頃はタイルカーペット・ジョイントマットも人気。

汚れたところを取り外して洗うことができるからです。

 

小さなお子さんがいて、ジュースや牛乳の食べこぼしが多いときは便利ですね。

私はタイルカーペットやジョイントマットがいいかなと思いました。しかし、昭和の男である夫は首を横にしました。

「リビングに敷くのだから、一枚ものの方が良いだろう」

素材は?

カーペットの素材は、ウール、アクリル、ナイロン、ポリエステル等があります。

緞通やペルシャ絨毯だとシルクとウールの混紡もあり、ン十万~数百万円の世界。

わりと手頃に買える天然素材のウールは冬は暖かく、夏は涼しく快適。

メリットはそのほか燃えにくいことや、クッション性も挙げることができるでしょう。

デメリットは食べこぼしを付けて放置すると、ダニが発生するかもしれないこと。

まめに掃除機を掛けるのがメンテナンスのコツ

一方、6畳くらいの広さでも1万~2万円と求めやすいのが、アクリル素材やポリエステル素材です。

水で洗うことも可能。

ピアノの下に敷いていたのは、ナイロンでした。10年も使用して劣化し、はずしたらフローリングが粉まみれ。

写真のピアノですが、処分したときの記事があります。

 

tameyo.hatenablog.com

色柄で揉める

ニトリの実店舗へ出向き、品物の厚みや色柄を目で確かめて買おうと思いました。

クリームホワイトを基調にして、北欧風の柄がきれいな一枚を気に入る私。しかし、夫は反対で。

「お前はコーヒーをこぼすから、シミになるぞ。汚れが目立ちにくい色にした方が無難」

そう言う夫が選んだのは、グレーとコーヒー色が混じった暗めの色味。シックといえばシックですが、焦げ茶というか土色なんですよ。

家のリビングのカーペットが土色!

シルクロード遊牧民なら、選ばないでしょうね。ペルシャ絨毯は美しいもの、児童労働のメッカと言われるけれど。

それに、風水の観点から我が家と相性が良くなさそう。

リビングは東南の位置なのです、赤やピンクの明るい色が良いと、20年も前に流行ったDr.コパさんがしゃべっていたような……。

 スポンサーリンク

 

入荷時期にショック

店舗には、カーペットの在庫を置いていない。

店員さんを呼んで、サンプルを指さした後でそのことを知りましたね。

こういうのって明日、お客さんが来るから今日中に買って部屋に敷こうなんて、無理だった!

入荷は早くて半月後、モノによっては一ヶ月以上もかかる

結局、夫のオススメは入荷時期が遅くて却下、私が好きな色柄を購入しました。お値段は200センチ×285センチで15,000円。

安い?

いやあ、我が家にはイタい出費ですよ。この価格なので国産品ではなく、中国か東南アジアの工場で作られているのかもしれません。

お値段以上であることを願うばかり(@@;)

配送してもらうとプラス1500円なので、連絡をもらったら、夫が車で取りに行く予定です。

まとめ

 我が家はインテリアと寒さ対策もかねて、リビングにカーペットを敷いています。

最近は汚れたら、取り外して洗えるジョイントマットやタイルカーペットも人気です。

昭和世代の私たちは、ニトリ・実店舗で商品を確かめながら購入。色味でさんざん揉めましたが、結局のところ決め手となったのは、商品が届く時期

一ヶ月待ちということもあるので注意が必要ですが、届くのを楽しみにしているところです。

 スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング