貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

松任谷由実があさイチに生出演!創作活動の秘話を語る

 

今朝、NHKを見ていたらユーミンが降臨!

シンガーソングライターとして第一線で活躍している松任谷由実さんが、あさイチに生出演しました。お肌つやつやで、若い頃とそんなに変わらない。

楽曲の創作話や母校の立教女学院でピアノをよく弾いていたこと、毎朝の日課である筋膜リリースで体型を維持していること、そして夫婦が長続きする秘訣もたっぷり語りました。

美しさとお話に感動したので、お伝えしたく思います。

 

 スポンサーリンク

 

華麗なステージ 

有働由美子アナとイノッチが司会のNHK総合あさイチ」は月曜~金曜まで朝8:15分から始まります。

ユーミンが出演したのは、冒頭のプレミアムトーク

「生番組は紅白を除けば26年ぶり」とのこと。

『あの日に帰りたい』や『中央フリーウェイ』『春よ来い』などヒット曲はもう数え切れませんね。

華麗なステージの様子もけっこう放映され、うっとりしました。

シンクロスイミングのアーティストをロシアから呼び、ステージがプールになるとは驚き。

噴水のタイミングも計算してですから、なんて華やかで豪華なショータイムでしょう!

歌って踊る64歳に、私はもうテレビの前に釘付け。

特徴のある歌声

 写真の参照元NHK総合あさイチのサイトです。

ユーミンのラジオ番組を私は若いときに聴いていましたが、今改めてお声を耳にすると、すんごくハスキー。

低い声でしたね。

歌うときは高音もきれいで、ボイストレーニングの賜に違いありません。

立教女学院に個室のピアノ部屋があって、自由に弾けたんです。いまはユーミン部屋と名付けられていますが、そこで『雨の街を』が生まれました。けれど歌えなかったのです」

「どうしてですか」と、有働由美子アナ。

自分の歌唱力以上の曲を作ったんですね。もともと作曲家になりたかったのですが、歌手を目指してはいませんでした。声の癖である、ちりめんビブラートを直すために腹筋を鍛え、まっすぐ声を出す歌い方をマスターしまして」

努力家です。

その努力が見えないところが天才なのでしょう。

恋人がダリアをピアノに

18歳のときユーミンには恋人がいました。

後に夫になる松任谷正隆氏です。ユーミンの楽曲のアレンジ(編曲)を手がけていますね。

「『雨の街』をうまく歌えなくて悩んでいたとき、彼が私の好きなダリアの花を牛乳瓶に一輪さして、ピアノの上の起きました。そこにだけスポットライトも当てて。

それを目にするうちに声が出てレコーディングすることができたんです」

ロマンチックな恋人時代を披露。

夫婦がうまく暮らすコツ

ふだんは電動自転車で買い物にでかけるというエピソードに、有働由美子アナとイノッチは意外なそうな顔で。

「道行く人たちに、ばれませんか?」

「ギャラが発生しないときは気配を消しているんですよ」と、笑いを誘う気さくな一面も。

家政婦さんが家事のサポートをしているようですが、けっこう普通の主婦として過ごされているみたい。

「仕事と家庭が地続きのため、やりにくいときもあります。服従は支配ですから、折れるところは折れたほうが、相手を懐柔できる気がします」

私はユーミンのこの言葉を聞いて、すごい!と、思いました。さすが18歳の時から付き合い、20代で結婚し、ずっと夫婦でいるだけあって含蓄があるわ~。

ステージをこなすための努力

(写真は3月23日放送の「あさイチ」を引用)

終始なごやかな雰囲気で、有働由美子アナは白いトップス、ユーミンは斬新な柄のブラウスを着こなして、ファッションセンスも参考になった「あさイチ」です。

私が最も知りたかったのは、ユーミンの体型維持とハードなステージをこなす体力

「数年前に体重が増え、それでダイエットをかなりしましたね。ところが体調を壊し、転んでしまい、ケガをしたことがあります。

中高年からの無理なダイエットは良くないみたい

朝7時に飼っている子犬が騒ぐのに合わせて起床。

ゆっくりと筋膜リリースやストレッチ体操をして朝風呂に入る日課だそうです。それにしてもお肌つやつや、髪はポニーテールで64歳には見えません、何度も言いますが。

生き生きとしてきれい。

 スポンサーリンク

 

歌詞は実体験?

創作の秘話として、曲が先で歌詞を後から付けることがほとんど。アレンジのとき映像を思い浮かばせて、天気や風の匂いを想像するとか。

「歌詞は実体験ですか?」という質問に、「体が持たないでしょう」と微笑みを返しました。

恋バナが大好物だそうです。それも具体的な恋バナで、そこから想像力を働けせて、作詞すると語りました。

3つの信条

600曲もの作詞作曲をしてきたユーミンには3つの信条があります。

  • 純粋さを捨てない
  • 私で生きてゆく
  • 旅をやめない

いつまでも好奇心を持って、個性的に生きていきたい。若いときから人がこうだからとは気にしたことがない。

音楽バンドは自由な世界だからやってこれた。ステージを続けるのは準備もたいへんだけれど、仕事というよりも楽しみ。毎日の発見でわくわくしている。

ユーミンの言葉がまっすぐに、私の胸に直球☆

中島みゆきとともに、これからのシニア女性の希望の星ではないでしょうか。

今朝のあさイチを観ることができて、希望が身のうちに湧く感じでした。

 スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング