貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【玄関タイルの掃除】酸素系漂白剤を使用して大変なことに?!

玄関は家の顔ですから、いつもキレイにしておきたいものです。

わが家は築26年の古民家。

汚れが目につき、あちらこちら傷みも出てきました。

玄関の三和土(たたき)はタイルです。意外と丈夫でタイル自体は、家を建てた当時とそれほど変わりません。でもシミがあるんですね。

そこで思い立って、酸素系漂白剤を盛大に撒いて、クレンジングしようと思ったのです。

タワシでこすったら泡だらけになり、非常に手間取ってしまいました。原因と改善のヒントをお伝えします。

 

 スポンサーリンク

 

玄関のくつを片づける

我が家の玄関の広さは畳2枚ほどで、靴の収納は3か所あります。

ひとつは作り付けのシューズボックス、もうひとつは私の嫁入り道具。

それでも足りなくて、上の写真のような簡易の靴入れ棚も。

子どもたちが小学生のとき、あまりに玄関先が乱雑となり、夫が買い足したのです。

春はちょうど家庭訪問の時期ですが、私はあわてふためいて片づける主婦でした。

そうしたら、玄関占い師の元先生の談話が、id:mashley_slt 様のブログに!

玄関を見れば、学校の提出物がきちんと出されるか予想がつき、玄関がきれいだと家の中も整えられている」というような文章にドッキリ。

反省することしきりです。

さて、玄関をクリーニングする前に出しっぱなしの靴を全て仕舞い、ホウキで掃きました。

砂利や砂がけっこう落ちていましたね。

酸素系漂白剤でタイルをクリーニング

ブログ村を見ていたら、お掃除上手なブロガーさんが、家庭訪問の時期なので玄関の三和土を酸素系漂白剤でクリーニングしたという話をアップ。

「そうか、やってみよう!」

さっそく真似しました。

ポイントは塩素系でなく、酸素系の漂白剤を使うこと。

 

tameyo.hatenablog.com

 塩素系は強力ですし、ニオイもきつい。混ぜるな危険!

酸素系漂白剤として私は色柄物の衣料に安心なワイドハイターを使いました

成分は、過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)漂白活性剤となっています。

使える物は、水洗いできる白物、色物、柄物のせんい製品。

水洗いできない物はNG.ファスナーやボタン、ホックのある衣料にも使えません

タイルに使うな。

そうは書いていないので、ワイドハイタ-を派手にぶちまけて、タワシでこすったのです。

デッキブラシがあれば、その方が良いでしょう。

お掃除上手なブロガーさんは、確か粒状のワイドハイタ-を撒いてお湯を掛けていたのですが、うちには液状タイプしかないので、間に合わせました。

そこまでは良かったのですが……。

 

ガーン!泡だらけに

これ、ワイドハイタ-だけで洗剤は加えていません。

この泡をワイパーで掻き出すとよいとのことですが、うちの三和土はタイルの目があるので、うまくいきません。

雑巾でひたすら拭く。

泡だらけの雑巾をバケツの水ですすぎ、また拭くをけっこう繰り返しました。

原因は洗剤の量か

拭いても拭いても泡がとれなくて、汗をかきました。

酸素系漂白剤の量が多かったのでしょう。

なにせ原液を撒いたから(-_-;)

やっぱり固形の粒状ワイドハイタ-を使うべきだったようです。

結果的にぬれぞうきんで何度もふき取ったので、きれいにはなりました

ドアを開け放して、乾燥させて完了!

こんなに丁寧に玄関を掃除したのは、初めてでした。

スポーツジムに行かなくても、エクササイズになりそう。

 スポンサーリンク

 

玄関は幸運を招く場所

タイルは洗剤も水も使用できますが、天然石の石畳の玄関は、デリケートな素材なので使わないほうが無難

ところでわが家の玄関は道路との位置関係から、鬼門に当ります。

鬼門は風水の考え方で、家の東北から南西をむすぶ一本の線上にあり、きれいにしないといけない場所。

これからはこまめに玄関磨きをすることにしましょう。

 

衝撃!洗剤は中性がベスト

なんと、酸素系漂白剤でクリーニングすると、タイルの目地が基本コンクリートなので傷めるそうです(@@;)

中性洗剤がベストです

id:papayapapaさまが学生時代に左官のバイトで身につけた知識を、ブックマークのコメントで教えてくれました。

ありがとうございます。

連休に入ったので、『おうち磨き』で余暇を過ごすのも自己肯定感が上がるかもしれませんね。

私の町ではソメイヨシノが満開を過ぎて、いま八重の紅枝垂れが見頃を迎えています。

玄関ドアを開けていると、桜の花びらが舞い込んできました。

きょうもあなたに素敵なことがありますように。

この記事は4月30日に一部を修正いたしました。

 スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング