貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

枝豆が美味しくなる蒸し焼き!フライパンとオーブンの味比べ

枝豆が採れています。

親戚から早生(わせ)の枝豆をいただきました。

「鮮度が落ちないうちに、枝からはずして食べてな」

畑から抜いたままの枝豆をゴソッとお持ちいただきました。いつもは茹でるのですが、蒸し焼きにすると、ほくほくして美味しいと評判じゃないですか!

フライパンとオーブンではどちらが美味しいか、味比べをしてみます。

スポンサーリンク

 

塩で揉む

枝豆は、大豆を青いうちに収穫したもの。その名の通り、枝にぶら下がっています。

栄養豊富で、ビールのおつまみにも最高ですし、豆ご飯も美味ですね。

料理する前に塩で揉み込むと、青い色が冴え、食べるときに塩味がきいて豆の風味が増します。

フライパンで蒸し焼き

まずはオリーブオイルをしいたフライパンに、塩もみした枝豆を重ならないように入れます。

写真は分量がちょっと多いですね。

入れすぎかもしれません、私はアバウトな方です。

中火にかけてふたをして5分。混ぜ返して3分くらい。

分量が多めでも、ホクホクになりました♪

加熱時間を調節すると、量が多くても大丈夫です。

食べてみると、オリーブオイルと塩気が絶妙。

茹でても良いけれど、蒸し焼きもうまい!

今回は試していませんが、ニンニクを炒めて香りを出したところに、枝豆を投入し、蒸し焼きにすると、乙な味になるとか。

スタミナが付き、夏バテ予防になるかも。

オーブントースター

オーブンでもOKということなので、アルミ箔を敷いて、重ならないように並べました。オーブンといっても、わが家はオーブントースターしかありません。

熱量を調節できるので240度に設定し、5分のタイマーで。

5分後には、香ばしいかおりがキッチンに漂う♪

すぐ食べることが出来そうでしたが、ひっくり返して2~3分さらに加熱しました。

 

もみこんだ塩が結晶となっています。

アツアツだと、豆の濃い味がしました。

冷めてもおいしい。さやをむく手が止まりません。

豆漬け

番外編として、私の地域に伝わる豆料理に豆漬けがあります。これは固めに茹でた枝豆を、赤唐辛子や塩と漬け込むもの。

夏場なら3日くらいで、良い塩梅(あんばい)に。

また冬の保存食として半年くらい濃い塩に漬けることも、かつてはありました。私の地元は、田んぼと共に豆畑も広がっていますから。

 

 

まとめ

オーブンで焼くと簡単に調理できます。

フライパンの蒸し焼きは、オリーブオイルをしくので、まろやかな豆の味が楽しめます。

どちらも味が濃く感じられました。茹でた枝豆とはまた、ひと味違うおいしさ。

枝豆の生産量日本一は千葉県で、新潟や山形でも盛んに作付けされているとか。

 

tameyo.hatenablog.com

 食費が気になるところですが、頂き物で有り難い。

食べきれないときは冷凍しても良いですね。私は冬まで冷凍することも。

東北はこれから本格的な枝豆の収穫時期を迎え、山形の「だだちゃ豆」青森の「毛豆」など、各地で収穫される枝豆の味比べもしてみたいです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

 

スポンサーリンク