貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

赤ちゃんの1カ月検診、新米おばあちゃんが付き添いで失敗したこと

先日、赤ちゃんの1カ月検診があり、新米おばあちゃんの私は、娘と孫の付き添いをしました。

1カ月検診はお産をした病院で受診することがほとんどで、娘は里帰り出産です。

地元の住民ならば補助があり無料のようですが、娘と孫は都民なので1万2千円ほどかかりました。

住んでいる区役所に申請すれば戻る可能性があります。

この記事は赤ちゃんの1カ月検診に付き添い、私が失敗したことをお伝えします。

 

 スポンサーリンク  

 

1カ月検診の内容

生まれて1カ月というもの娘は慣れない育児に追われ、てんてこ舞い。

2~3時間おきに授乳して、おむつを取り替え寝かしつけるので、夜はこまぎれの睡眠に。

ホルモンバランスが乱れているのか、大変に不機嫌なことが多くて、腫れものにさわるような感じで見守ってきました。

食事作りや洗濯は、私がこなしています。 

tameyo.hatenablog.com

 

付き添いが必要なワケ

ママの産後の状態を診察するため検診を受けている間は、赤ちゃんの世話係が必要です

先日は付き添うご主人を3組、見かけました。30代から40代にかけての男性が、椅子に腰掛けて、生後1カ月の我が子を抱いたり、寝かせていたり。

イマドキのお父さんは会社の休みをとって、1カ月検診に付き添うのでしょう、イクメンが流行るのは、良いことですね!

ママの検診

「順調に傷が治って、子宮の大きさも元に戻っていますよ、夫婦生活を再開しても良いけれど、1年間は避妊して下さいと、ドクターから言われた」

娘は検診の結果を教えてくれました。

帝王切開のときは1年は避妊したほうが良いそうです。

そして『レディケア」という手術の創傷や傷跡をケアするシリコンシートを病院の売店で買って、お腹を切った傷に貼り付けると、きれいに治ることを教えてもらいました。

「レディケアを後で買うよ。それから試供品をたくさんもらったから、持っててね」

 スポンサーリンク  

 

赤ちゃんの検診

お産したのは総合病院なので、産婦人科のとなりが小児科でした。

赤ちゃんの検診は小児科で、体重の増え方や乳児湿疹の有無、股関節の様子を診るほか、ビタミンKシロップを与えられます

ビタミンKシロップは、乳児が不足すると新生児メレナになる可能性があり、出血性予防のため投与。

孫はお腹が空いていたので、吸い付いて飲みました。

「体重は1日30グラムの増加をなんとかクリアした。乳児湿疹がひどいので、お薬の処方箋が出るけれど、赤ちゃんの保険証が手元にないから、実費だわ」と娘。

娘と孫の検診が終わるまで3時間もかかり、時計はもう午後5時。

1カ月検診は時間を要しますから、おむつの替えやミルクが必要。孫は母乳で育っているので、授乳室を借りて飲ませました。

貯め代のイタい失敗

会計も時間がかかり、その間は私が赤ちゃんを抱いていました。

娘は手術跡をきれいにするテープを買ったり、お金を窓口で払ったり。

それらを済ませると午後5時をだいぶ過ぎて、何となく焦りましたね。

夕食の支度もあるし、仕事もあるので。

タクシー代わりに夫を呼んで、車に乗り込んで家に到着。

しばらくすると……。

「ねえ、買ったレディケアのテープはどこ?試供品の入った袋は?」

私は肩掛けのバッグを提げていましたが、そういったものは忘れてきたんですよ

私は赤ちゃんを抱いているんだから、付き添いが持つのが当たり前でしょ。何のための付き添いなの、全く」

娘はプンプンです。

 

tameyo.hatenablog.com

 

夫の車で病院に取りに戻り、テープはあったけれど、試供品が入った袋はなくて。

ぐったりと疲れてしまいました。

娘は口をきいてくれません。前から私の言葉のひとつひとつが気に障っていたようです。

まさかの毒親宣告

さらに、こう言い放ちます。

「お母さんはずっと支配的で、プレッシャーを掛けてきた。私は小さいときから我慢ばかりしてきたンだから!!」

まさかの毒親宣告に、私はめまいがしました

私自身、親とうまくいかない経験がてんこ盛りですが、こんなふうに返り討ちにされるなんて……

来週、婿が迎えにくるので娘と孫は東京に戻る予定。

それにしても母娘の関係は難しいことを痛感しています。

 

tameyo.hatenablog.com

 産後のサポートは、シニア世代の親にとってひとつの試練に違いない。

毒親ブームで親が責められる昨今、私はこれからの娘との関係を考える時期なのかもしれません。

 

 スポンサーリンク  

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング