貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

夫婦げんか!隠しごとがバレて熟年離婚?!

ついに見つかってしまいました。

隠し事を夫にしていたのです。いつかはバレるだろうと思っていたら、やっぱり白日の下に。

夫に隠れて借金?まさかの不倫?もしかして隠し子がいた?

そんな大それたことではありません。小さなことですが、几帳面な夫には許せないことで、怒鳴られてしまいました。

結婚して31年、私はおとなしい妻を演じ、夫の顔色をうかがうように暮らしてきました。でも、今回はちょっぴり反抗したのです。

 

 スポンサーリンク  

 夫婦げんかの原因は?

上の写真が、夫婦げんかの元凶です。

なんだか判るでしょうか?

高温のアイロンをカーペットに置いて、溶けた跡なのですよ。

アイロンを使って、うっかりカーペットの上に置いてしまった。

「あちゃー、やっちまったよ!」

 それは新品のカーペットがわが家に到着して、1週間くらい経った日のこと。

tameyo.hatenablog.com

 里帰り中の娘がアイロン跡を見て、「母さんはほんとにドジね。父さんに叱られるわよ。いつ言うの?」

 私は夫からふだんも四六時中、叱られているので、嫌な気分になりました。

仕事中は上司であるため、仕事でも家の片づけでも文句を言われっぱなし。 

なので、ついつい言いそびれて、2カ月経って発覚に至ったというわけです。

しかも里帰りしていた娘が、東京へ帰ったタイミングで。

「どうして高温のアイロンをカーペットに置くんだ!!」

「いつも俺が言っているだろう、モノの始末をきちんとしろと!!」

いつもはしゅんとうなだれてみせるのですが、私は言い返した。

「そんなに怒ったってカーペットは元に戻らないから、あきらめて」

なんでお前が開き直る、その態度は何だ!!!

夫の怒りに火を注ぐことに。

 

夫はモラハラ男か?

5歳年上の夫は、典型的な昭和の男。

男は仕事、女は家庭という封建的な考えをいまもバリバリに持っています。

私はできるだけ、夫の要望に添うように暮らしてきました。

外出も夫の許しがなければ、できませんから、諦めてきたことはたくさんあります。 

 

tameyo.hatenablog.com

 育児も家事もほぼワンオペで頑張ってきたつもり。

ところが、夫はこう言います。

「お前なんて姑や舅と同居なら、3日も持たない。やることなすことルーズだし、掃除は四角い部屋を丸く掃く。料理はたまに味が塩辛いときもあるし、それだけ気が抜けているんだ」

23歳で結婚したので、夫の言うことが正しいのだろうと考えて、従ってきたのですが……。

この頃、辛いんですよね。

夫が言うような完璧な家政婦にはなれないし、亭主の顔色を伺いながら暮らすことが嫌になった。

モラハラっぽい言動も聞きたくない。

些細なことで夫が怒るのはなぜ?

夫が小さなことで怒り出したり、不機嫌になったりして、悩む妻はけっこう多いそうです。

すぐ怒る人の心理として、いくつかあげることができるでしょう。

  • 怒ることで、相手を自分の思い通りにしたい。
  • 整理整頓や買い物でのお金の使い方など、妻のやることが気に入らない。
  • 心の奥底に寂しさがあり、怒りに転化している。
  • 夫の言うことに妻が従うのは当たり前という、独善性を持っている
  • プライドが高い

そのほか、男性の更年期もあるのかもしれません。

 スポンサーリンク  

男性更年期障害

女性とおなじように男性にも更年期があることは、故はらたいらさんが公表したことで知られるようになりました。

加齢に伴う男性ホルモンの急な低下により、性的能力が落ちるとともに、気分にむらがでやすくなり、人によってはうつ状態になることも。

そうですね、夫は還暦が近いので、男性更年期かもしれません

それと若いときからずっと飲酒を続けてきたので、脳の前頭葉が退化している可能性もあります。

前頭葉は感情をつかさどり、機能が衰えると理性がきかず、怒りを爆発させてしまう。

高齢者が役所で怒鳴るのは前頭葉の機能の衰えから/「感情に振りまわされない人」の脳の使い方(11) | 健康 | 毎日が発見ネット|人生のちょっと先のことがわかる対策メディア

熟年離婚

カーペットにアイロン跡がついたことで、大げんかになり、夫は「こんなもの捨てろ」と、いきなりカーペットを剥がしました。

ちゃぶ台があって、パソコンをのっけているのに、お構いなし。あわててパソコンを抱きあげる私。

こんな小さなことですが、熟年離婚の4文字が胸をかすめます。

ひとりで生きて行くために、必要なのはまずはお金。

財産分与として考えられるものは、わずかな預貯金と古民家となった自宅しか無い……。

わが家は自営業者なので、退職金がありません。小規模共済は廃業したときに有利に受け取る仕組みで、解約すると損をしてしまう。

ひとりで生きて行くために

tameyo.hatenablog.com

熟年離婚が増えているのは、すぐ怒って不機嫌になる夫に、付き合いきれなくなるケースもあるでしょう。

ひとりで生きていけるか、少し考えてみたい。夫婦げんかは犬も食わないけれど、隠し事がバレて、わが家は真冬のように冷たい風が吹き荒れています。

 

 スポンサーリンク  

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング