貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

【貯蓄額】みんな実はそんなに多くない?国の借金を棒引きさせた明治維新

総務省の家計調査によると、日本の世帯の平均貯金額は1820万円だそうです。よそ様はそんなに裕福なの! 驚きです。

一方で貯金ゼロは全世帯の33.41パーセント。

さらに分析すると、負債を抱えている中高年はゆとりがない実態が浮かび上がるとか。我が家は住宅ローンが終わったので負債はなくなりましたが、家の修繕費や古くなった車の買い換えなどで、貯まる暇なく出る感じ。

若いときからの人生設計が肝心であることに、今さらに気づきます。

 スポンサーリンク  

共働きでこつこつ貯金し、億単位を貯めた知人

私の知っているご夫妻は、地元の放送局に勤務し、ふたりとも大変な出世を遂げました。

ご主人は最後に関連の広告会社の社長を務め、ガンになって60代半ばで会社を退きましたが、奥さんは常務取締役として現役。

おふたりとも仕事に人生に駆けて、働きに働いたのです。

億単位の資産を築いて、ご主人は病気が快癒してから日本を脱出し、南国セブ島で悠々自適のゴルフ三昧。

我が家とは大違いで、なんとも羨ましい話です。

社会で大活躍する社長と常務という夫婦と、しがない自営業者では、歴然とした差がでますね。

負債と相殺すれば平均貯蓄額は下がる

そういう富裕層はほんの一握り、 60歳以上でも実際の貯蓄額は743万円ほどではないかという記事がありました。

平均貯蓄額の真実!60歳以上でも実態は743万円? [貯蓄] All About

f:id:tameyo:20180527130817p:plainå¹´åéç´å¥ã»è²¯èã¨è² åµã®é¢ä¿ï¼äºäººä»¥ä¸ä¸å¸¯ã®ãã¡å¤å´èä¸å¸¯ï¼

図は参照元の『平均貯蓄額の真実!60歳以降でも実態は743万円?』から、引用しました。

ほとんどの方は住宅ローンを60歳以降も抱えていたり、子どもの結婚式、孫への援助をしたりと、出費が続くことが多いのでしょう。

私は貯蓄額が低い上に、貰える年金が少なくて頭を抱えていました。でも、多くの方々が同じような悩みを抱えている可能性があります。

みんなで渡れば赤信号も怖くない?!

tameyo.hatenablog.com

 

定年後は暮らしのダウンサイジングせずに、うっかりしていたら借金で首が回らなくなるかもしれません。

シニア世代のカード破産は増加しています。

 スポンサーリンク  

赤ちゃんにも859万円の借金がもれなく?!

借金といえば、財務省は5月10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が3月末時点で1087兆8130億円になったと発表しました

1人あたり859万円で、生まれたばかりの私の初孫もそんだけ背負う計算(~_~;)

ところで借金が増えすぎている日本国に、解決方法はあるのでしょうか?

棒引きなんて、アリ? 

 

『経済で読み解く明治維新上念司著を、家事と仕事の合間に読みました。

歴史がすきなので、面白かったですよ。

  • 江戸時代、商人は税金を払わなくても良かった
  • 末期の徳川幕府は金庫が空っぽだった
  • 諸藩も大変に財政が厳しく、贋金(にせがね)作りが横行した
  • 京都御所も全くお金がなかった
  • 倒幕のため商人からお金を借りたが、返済せず棒引きさせた 

明治維新でもっとも損をしたのは、藩からの禄を支給されていた武士、次が商人。得したのは農地を得ることができた農民ではないかと、著者は本のなかで語ります。

でも、どうでしょう?

東北は度重なる凶作のため、土地を取られて小作になり、売るモノがなくなれば自分の娘を売った貧農のイメージがありますが……。

農民のなかでも商才があった人が商機を逃さず、事業を拡大して大地主になった。もちろんごく少数でしょう。

 

時代の変わり目

「経済で読み解く明治維新」は、時代が急変すると価値観はがらりと変わることを教えてくれる1冊。

国民の貯蓄は、国の借金の担保である。それなら強制撤収はあり得ることでしょうか。

そして日本の国民の富は、他国からも狙われているのかも。

年金の個人情報がわざわざ中国で入力されたことが発覚し、外国人が日本人になりすまして、年金を受け取る可能性も否定できないけれど、マスコミはその件は騒がず。

  • 貯蓄額が大きいからといって、安心はできない。
  • 貯金がなければないで、惨めな生活が待っている。

どっちに転んでも、厳しい。けれど、治安のよい日本はまだ救いがあると、ポジティブに考えたいところです。

 スポンサーリンク  

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング