貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

アラフィフ主婦の貯め代はシンプルライフと家計改善を目標にしています

安すぎる加工品を避けて『おうちご飯』がわが家の健康の元

野菜や国産の豚や鶏肉、お米も値上がりして家計にやさしくないこの頃です。

とくに年末はべらぼうに高くなりますね。

冷凍庫を活用して食費を抑え、加工品とお惣菜をあまり買わないようにして、ファミレスにもめったに出かけません。

それでも、わが家の食費は月に4万円以上。安すぎる食材は避けて、おうちご飯が私にできる健康法と考えています。

スポンサーリンク

 

食品の値上がりはさらに?!

経済に詳しいぱんぱんぱぱさんが、「さんまの缶詰が2018年1月の出荷分から値上がりするよ」という記事をアップされました。

私の夫は食にこだわりがあり、自分の口に合わないものは頑として受け付けません。

さんまの蒲焼きはマルハニチロ、鮭の中骨水煮は極洋と決めています。

さんまが記録的不漁の今、庶民ができる唯一の行動考 - 知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

マルハニチロのさんまの蒲焼きは、お店で128円 ~158円と魚缶のなかでも庶民派。甘じょっぱいたれに、こんがり焼いたさんまがよく絡み、朝食の定番です。

加工食品をなるべく買わないようにしていますが、魚料理は手間がかかりますね。

 

tameyo.hatenablog.com

 鮭を丸ごと調理は大仕事でした。

年に1回のお歳暮なので、喜んで料理して食べますが。

慣れないと危険なこともあります。

生魚はぬるぬるとすべりやすい。

それにしても、鮭もさんまもイカも不漁となっています。10年近く前から燃料が高騰して、採算が取れなくなっているため、漁をする人も減り続けていました。

そして近年、魚は中国との争奪戦になっていますし、北朝鮮が自らの近海を中国に売ったので、日本海に木造船で続々とやってきては、日本の小島を荒らすまでに。

日本の漁民は被害を受けても泣き寝入り。

近海ものの魚は、これからもどんどん値上りするに違いありません。

激安食品にはワケがある

写真にアップしたのは、国産水稲もち米100パーセントの「杵つき越後きりもち」。

お餅は100均のお供えもありますし、切り餅の価格もけっこうバリエーションが広い。

どこが違うか。

安いお餅はタイ産の米粉を使用していることが多いようです。

食感が日本のもち米とまるでちがうでしょう。

夫の実家ではかつては年末に、杵と臼で餅つきをしてお供えを手作りしていました。

つき立てのお餅はとてもよく伸びて、美味!

姑が90歳となってやめてしまい、幻の味となりました。

最近のわが家は、300~500円くらいのお供えを買っています。

安い食品は、海外で生産されることがほとんど。下請けや孫請けの工場が請け負うこともよくあるとか。

お菓子やケーキに使用されるトランス脂肪酸

マーガリンや市販のケーキ・パンに幅広く使用されるトランス脂肪酸

発がん性や心疾患の原因となるとされ、禁止とする国も少なくありません。

すぐにわかるトランス脂肪酸:農林水産省

日本では規制されておらず、いろんな食品に使用。

マヨネーズやドレッシングにも利用されています。

そしてチーズにも広く使われているので、成分表示をよく見ましょう。

生乳と塩だけで製造されたチーズがありますが、価格はそれなりに高い。

 健康を取るか、将来は病気になるかもしれないけれど安い食品を手に取るか、ほんとため息が出ます。

イカリングや漬物が危ない?!

毎日のように台所に立っていますが、面倒になるとスーパーの惣菜売り場に行くことがあります。揚げ物がおいしそうに並んで、一緒に行く夫がなぜか食べたがるんですわ。

「お前の手料理には飽きた」と、言わんばかり(-_-;)

夫のリクエストには応えていますが、この記事を見たらげんなりしました。

(2ページ目)週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品#2 イカ・白身魚フライ編 | 文春オンライン

中国での現地取材です。気温が髙く生臭いニオイが漂うなかで、真っ黒なまな板で調理。

記事を読んで、こんな生きの悪い魚介なんて食べたくないと、思わない人はいないでしょう。

しかし、それが化学薬品に漬けることで、嘘みたいに新鮮そうに見えるのですよ。

衣を着けて揚げてしまえば、何を食べているのか解からなくなってしまう。それが日本の豊かな食生活の正体かもしれません。

スポンサーリンク

 

ネットショッピングで産地直送

今回はじめて、愛媛みかんをヤフーショッピングから購入しました。

愛媛みかん訳あり5キロ』1970円ですが、ポイントを使ってお得に買うことができました♪

訳ありですが傷みがなかったです、表皮にスレ傷があるくらいで。

便利ですね、生産者の顔が見えるショップから買えて、数日で届くのですから。

かんきつ類を日常的に食べていた人は、ガンにかかりにくかった。

そんなことをテレビでやっていたんです。

すぐ影響されやすいのが、私の短所です。

tameyo.hatenablog.com

 

tameyo.hatenablog.com

 田舎料理しか作れなくて、おしゃれに撮影することができませんけれど、まあ仕方ありません、ほんまもんの田舎の主婦なので。

なんたって塩辛いものを好み、ガンや脳疾患が多い東北。

食費を削り過ぎないで、『おうちご飯』を続けていきたい。

わが家の健康の元は、旬の野菜と魚介を中心とした料理です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク